閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

僕ら的には理想の落語

第8回 職人ひねり

時間:23分

配信期間:2021年02月24日 23時00分 ~ 2021年12月31日 23時59分

カフェに入って来た誠司は、いつものテーブル席が空いておらず、仕方なくカウンター席へ。カウンターの寺門と美冬の間の席に座ると、それを見た和穏が口を開く。「間島さんみたいに真面目に見える人ほど、人には言えない特殊な性癖を持っている」。それを皮切りに、誠司の隠れた趣味について妄想を膨らませる和穏と上利。話が盛り上がった2人は、落語の演題『粗忽の使者』を誠司に重ねて・・・・・・。
・『粗忽の使者』とは
『粗忽の使者』とは古典落語の一つ。そそっかしい粗忽者として評判の男が、大名の口上を伝える使者としてあるお屋敷へ訪れる。ところが肝心の口上を忘れてしまったからさあ大変。あげくの果てには「尻をつねってもらうと思い出す」と言いだし、試しにつねってはみるが、どうも力が弱くてうまく思い出せない。誰か指の力がある者はいないかと探すことになり・・・・・・。

すべて表示