閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

【BSフジ】冗談手帖

2017/3/12放送 冗談手帖

時間:24分

配信期間:2019年04月26日 00時00分 ~ 2020年04月25日 23時59分

第21話 ザ・パーフェクト

今回のゲストは2013年結成で、サンミュージック所属のザ・パーフェクト。サンミュージック所属の芸人さんの出演は番組初となる。ザ・パーフェクトは結成当初は、ツッコミのピンボケたろうがネタを作り、コント主体で活動していたが、2015年ごろから漫才に転向。現在のネタ作りはボケのハードパンチャー妹尾が担当している。
そんな2人に鈴木が出した実験ネタのテーマは「漫才・もしも自分が東京都知事だったら・・・」というモノ。出題された時ハードパンチャー妹尾は、「今の知事誰でしたっけ?・・・石原さん?」と驚きに発言。果たしてどんなネタが披露されるのか?
ブレストコーナーでは、鈴木は漫才中に妹尾が言う“しょーもないボケ”は確かに面白いがネタを見た時にメンタルの弱さを感じたというと、妹尾は「テレビを見ていた父親から『もっと自信を持て』と言われたことがあります」と語るのだった。これに鈴木は、もっと堂々としないと“しょーもないボケ”の良さが出てこないと言うものの、メンタルが弱いところが克服できないのであれば、漫才の冒頭に自虐ネタとして自ら言う事をアドバイスする。また鈴木は、ピンボケが芸人として武器になり得る出っ歯を持ちながら、それを生かしたネタがないことに注目し、名刺代わりに何個か持っていたほうがいいと話す。そして、「バラエティ番組に出るとピンボケは2秒でイジられるから、それの“返しの言葉”を持っていたほうがいい」とアドバイスを送る。その考えには子供のころのクライスメイトの関係とバラエティ番組の作り方に“ある共通点”あるという。

【出演】
出演者:鈴木おさむ(作家)/曽田茉莉江
ゲスト:ハードパンチャー妹尾(ザ・パーフェクト)/ピンボケたろう(ザ・パーフェクト)
ナレーター:川端健嗣(BSフジ)

出演者:鈴木おさむ(作家)/曽田茉莉江
ゲスト:ハードパンチャー妹尾(ザ・パーフェクト)/ピンボケたろう(ザ・パーフェクト)
ナレーター:川端健嗣(BSフジ)

すべて表示