閉じる

FOD

めちゃ×2ユルんでるッ!

14.2.23配信 #12 オファーが来ました!生SP 第3部

時間:259分

配信期間:2014年02月24日 12時00分 ~

視聴期限:購入から8日

★オファー4:ほんこんさんのお手伝い
ゲスト:ほんこん、雛形あきこ、天野浩成

加藤たちから追い出された一行は、すぐ近くにあるほんこんさんのお店『冨くら』へ移動。
「俺のお好み焼きを食べに来てくれ!岡村が来たら盛り上がるから!」
と、オファーを受けていた濱口は、お店の店員にお任せでメニューをどんどん出させる。さんざんご馳走になった後に
オファーしたくせになかなか現れないほんこんについて濱口が尋ねると、今日は足柄SAの出店へ赴いているという。驚く濱口・・・
「まさか・・・!!来てくれと言っていたのは足柄のことだったのか・・・!?」
慌てて、ほんこんに連絡を入れるがここから足柄に行くにはもう時間がない・・・どうする濱口・岡村!?

★オファー5:フットサルチームの監督をやってほしい!
ゲスト:野田義治、富田麻帆、太田彩乃、綱島恵里香、渕上彩夏、石川沙織、伊藤優衣、田中日南乃、早乙女ゆう、雛形あきこ、天野浩成
 
次の目的地は、用賀のフットサルコート。
そこで一行を待ち構えていたのは、かわいらしいアイドル達と初老の人物。
その人物とは元イエローキャブの社長・現サンズエンタテインメントの会長の野田義治氏だった!
野田会長と言えば、雛形あきこを世に送り出した『巨乳バカ一代』をテーマに掲げる名伯楽。
そんな野田から、かつて解散してしまったサンズのフットサルチームの復活を目指し、岡村へ監督のオファーが来たのだ!

監督を引き受けるかどうか不安の岡村は、まずメンバーの実力を見るべく、
練習の様子を見せてもらい、やる気の度合いを計ることに。

8人いるメンバーの元気いっぱいな自己紹介と、自己アピール、
そして、シュートを見せてもらうが、
その中に雛形が参加しないことに、野田会長が疑問を呈する。
「雛形お前もやればいいじゃないか?」

その問いかけに全力で拒否する雛形だが、後輩たちに示しがつかないと、
背番号9番のビブを着せられ、無理やり参加させられる羽目に。
態度の悪さとやる気のなさを露呈する雛形に、岡村監督の指導が入る。

“大きな声”→“巨乳アピール”→“グラビアポーズ”→“シュート”

嫌がる雛形が、岡村監督指導の下、できる姿にそこそこの奇跡が・・・
さらに、そこに夫の天野が加わり、夫婦の連携プレーを見せる!?

最後には背番号10番のビブをつけるもう一人のメンバーが、そこそこの奇跡を連発!

★~エンディング
ゲスト:大山啓吾、雛形あきこ

用賀を出て台場への帰路。濱口が今日一日の収録で、福岡から来ている放送作家志望の少年大山くんが同行していたことを明かす。
大山くんが、総監督片岡飛鳥に向けて送った手紙に、熱い思いが綴られていたことが明らかになり、さらには自身で考え出した、企画の評価を受ける。作家を目指す大山くんに、片岡とともに、めちゃユル作家の伊藤も自身の経験を、彼に伝える。

今回の収録のフィナーレを飾る、大山君がフリップボードに書く「ゼロテレビとは?」。
その言葉に、現場スタッフから感嘆の声が上がる。最後の最後も“そこそこの奇跡”!が起きた。

すべて表示