閉じる

FOD

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル
ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル

作品概要

ムンバイで獣医業を営むラージ。インド武術カラリパヤットの使い手で強く魅力的な彼は、母の10周忌の儀式に参加するため、故郷のチャンドリカへと赴く。そこは象の聖域と呼ばれる山奥で、父ディパンカルは野生インド象保護公園を運営していた。幼い頃から公園の野生の象と戯れて育ったラージだったが、母の死で父との確執が生まれ故郷を長い間離れていたのだった。そんな彼を幼なじみのシャンカラや「親友」象のボラは温かく迎え入れる。だが、公園の象たちには危険が迫っていた。素晴らしい象牙で一攫千金を得ようとする野生動物ハンター一味がこの地に狙いを付けていたのだった。仲間の象たちに加え父親をも襲われたラージは、幼なじみの腕利き動物保護官デーヴたちととも象を守るため一味と闘うことを決意する。

キャスト

ヴィディユート・ジャムワル/ラース・ケルドセン

スタッフ

■監督・脚本:チャック・ラッセル
(C)JUNGLEE PICTURES LIMITED 2019
すべて表示