閉じる

FOD

ぶあいそうな手紙

ぶあいそうな手紙
ぶあいそうな手紙

作品概要

ブラジル南部、ポルトアレグレの街。エルネストは78歳の独居老人。隣国ウルグアイからやって来て46年。頑固で融通がきかず、本が好きでうんちく好き。老境を迎え、ほとんど目が見えなくなった。もうこのまま人生は終わるだけ。そう思っていたある日、一通の手紙が届く。差出人はウルグアイ時代の友人の妻。エルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。「手紙の読み書き」のため、一人暮らしのエルネストの部屋にビアが出入りするようになるが……それは、エルネストの人生を変える始まりだった。ワケありのビア、唯一心を許せる隣人ハビエル、昔の友人の妻ルシア、折り合いの悪い息子のラミロ……。心を正直に伝えられないエルネストが最後に宛てた手紙の相手は?

キャスト

エルネスト:ホルヘ・ボラーニ/ビア:ガブリエラ・ポエステル/ハビエル:ホルヘ・デリア/ラミロ:ジュリオ・アンドラーヂ

スタッフ

■監督:アナ・ルイーザ・アゼヴェード■脚本:アナ・ルイーザ・アゼヴェード/ジョルジ・フルタード
(C)CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019
すべて表示