閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

地獄に堕ちた野郎ども

地獄に堕ちた野郎ども
地獄に堕ちた野郎ども

作品概要

モーターヘッドのレミー・キルミスターの生態をとらえることに世界で初めて成功した映画『極悪レミー』(2010年)のウェス・オーショスキー監督の最新作は、長年無視されてきたパンクロックのパイオニア、ダムドの映画だ。ダムドとモーターヘッドは1979年“Motordamn”名義で一瞬合体、レミーがダムドのベースを弾いた時期があるほか、「ダムドは最高だ」と公言していたことから、オーショスキー監督の次回作がダムドの映画であることは一切の疑問を挟む余地がないほど自然なことである。1976年結成、セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュとともにロンドンの3大パンクバンドのひとつに数えられ、UKパンク初のシングル「NEW ROSE」、同じく初のアルバム「Damned, Damned, Damned」を発売、初めて大西洋を渡りアメリカでのライヴを敢行、そして後のゴスの流行を作るなど、あらゆる面でオリジネイターとして現代にいたるまで大きな影響を及ぼしているにもかかわらず、商業的な成功とは無縁のバンドだ。それはダムドの複雑な歴史、数えきれないメンバーの出入り、そして何よりも40年を経た今なお現役であり“伝説”と化していないことが大きな要因であろう。セックス・ピストルズやザ・クラッシュは関連する映画作品が作られてきている中、本作は満を持してのダムドを題材とした史上初の映画作品である。しかしそんなダムドの映画製作は、一人の人物を追った『極悪レミー』とは全く異なる種の困難を極め、4年以上を経て完成にこぎつけた監督は疲れ切っている。Uncut誌から「完璧だ」と讃えられたこの『地獄に堕ちた野郎ども』はダムドの歴代メンバーのほか、多くのミュージシャンたちが出演、バンドを追って地球上をまわり3年以上に渡って撮影され、バンドの、全体を把握することが不可能ともいえる難解な歴史と、メンバー間のもめごと、ダークサイドな部分までをストレートに伝えてしまっている。この、誰も成し得なかった(作れると思わなかった?)、ダムドというバンドの物語を映画化するという不可能への挑戦、そして映画作品として完成させたオーショスキー監督の努力は称賛されるべきであり、されるはずだ。

キャスト

THE DAMNED(キャプテン・センシブル、ラット・スキャビーズ、デイヴ・ヴァニアン、ブライアン・ジェイムス、ローマン・ジャグ、ブライン・メリック、ポール・グレイ)/デイヴ・ガーン (Depeche Mode)/フレッド・アーミセン (俳優/ミュージシャン)/ミック・ジョーンズ(The Clash)/レミー・キルミスター(Motorhead)/イアン・マッケイ(Minor Threat/Fugazi)/ビリー・アイドル/ジェシー・ヒューズ (Eagles of Death Metal)/クリッシー・ハインド (The Pretenders)/ニック・メイスン (Pink Floyd)/グレン・マトロック (Sex Pistols)/キース・モリス (Black Flag, Circle Jerks, OFF!)/クリス・ステイン (Blondie)/ジェロ・ビアフラ (Dead Kennedys)/ゲイ・アドヴァート (The Adverts)/クレム・バーク (Blondie)/ジャン=ジャック・バーネル (The Stranglers)/ルー・エドモンズ (P.I.L./The Damned)/スティーヴ・ディグル (Buzzcocks)/ジャック・グリシャム (T.S.O.L.)/チャーリー・ハーパー (U.K. Subs)/デクスター・ホーランド (The Offspring)/ジム・ジョーンズ (Jim Jones Revue)/ドン・レッツ (映画監督/ミュージシャン)/ジョン・モス (Culture Club/The Damned)/バズ・オズボーン (The Melvins)/TVスミス (The Adverts)/ジミー・アシュハースト (Buckcherry)

スタッフ

■監督・製作・脚本・撮影・編集:ウェス・オーショスキー
(C)2015 Damned Documentary LLC.
すべて表示