閉じる

FOD

「iOS14」における課金不具合について
FODプレミアム会員でログインできないお客様に関して

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

作品概要

大切な人を失った悲しみ――誰にでも必ず訪れるそのことに、人はあまりにも無防備だ。覚悟した別れでも受け入れがたいのに、ましてそれが突然で理不尽な別離だとしたら――。
オスカーと父は、親子であると同時に親友だった。父は少しばかり繊細で生きることに不器用なオスカーを、その個性を壊さずに導いてくれる頼もしい師でもあった。そんな二人を優しく見守る母親。ところが――9.11が最愛の父を奪ってしまう。オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。鍵の入っていた封筒に書かれた文字に従い、ニューヨーク中の“ブラック氏”を訪ね歩くオスカー。やがて謎の老人が同行者となり、いつしかオスカーの辿った軌跡は、人と人とをつなぐ大きく温かい輪になっていく。ついにオスカーは、鍵の真実とめぐり会うのだか――。

キャスト

トーマス・シェル:トム・ハンクス(江原正士)/リンダ・シェル:サンドラ・ブロック(本田貴子)/オスカー・シェル:トーマス・ホーン(武田華)/間借り人:マックス・フォン・シドー/アビー・ブラック:ヴィオラ・デイヴィス(山像かおり)/スタン:ジョン・グッドマン(岡田吉弘)/ウィリアム・ブラック:ジェフリー・ライト(谷昌樹)/おばあちゃん:ゾーイ・コールドウェル(鈴木れい子)

スタッフ

■監督:スティーヴン・ルドリー■脚本:エリック・ロス■製作:スコット・ルーディン■撮影:クリス・メンゲス■衣装:アン・ロス
(C)2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
すべて表示