閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代
クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

作品概要

19世紀末ウィーンを代表とする画家グスタフ・クリムトと、エゴン・シーレ。人間の不安や孤独や恐れを、世紀末的官能性のなかで描いたその作風は、今も色褪せることなく輝きを放ち、この現代の不安定な時代に、より人々の心をとらえ続ける。没後100年となる2018年に製作された本作では、クリムトとシーレが生きた世紀末ウィーンに花開いたサロン文化と、彼らの愛と官能性に満ちた絵画をつまびらかに見せつける。その精密な絵画の世界は、我々見るものを、いつしかウィーンの世紀末にいざなう。

キャスト

ロレンツォ・リケルミー(柄本佑)/リリー・コール/エリック・カンデル/ルドルフ・ブッフビンダー/ジェーン・カリア

スタッフ

■監督:ミシェル・マリー(『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』美術)■脚本:マリアナ・マレリ
(C)2018-3D PRODUZIONI AND NEXO DIGITAL-ALL RIGHTS RESERVED
すべて表示