閉じる

FOD

SF核戦争後の未来・スレッズ

SF核戦争後の未来・スレッズ
SF核戦争後の未来・スレッズ

作品概要

物理学、医学、農学、心理学等、各分野の世界的権威者50人以上が制作に協力、500人あまりのエキストラを投入したオールロケ撮影を敢行、徹底したドキュメンタリー手法と革新的な編集で核の恐怖に迫った衝撃作。核戦争そのものよりも、核戦争後の文明が崩壊した世界で地獄の日々を生きる人々の悲惨さを描き、海外では「核戦争とその余波の完全な恐怖と、その事象が人間文化に及ぼす致命的な影響を表現するのに最も近い映画。」として高い評価を得ている。1985年英国アカデミー賞7部門にノミネート、最優秀シングル・ドラマ賞、最優秀デザイン賞、最優秀撮影賞、最優秀編集賞を受賞。
本作のアイデアは、BBCの重役が、1965年にBBCで制作されたピーター・ワトキンス監督による疑似ドキュメンタリー作品『The War Game』を鑑賞したところからはじまった。この『The War Game』はイギリス本土にソ連の核ミサイルが落とされた、という設定の作品で、そのあまりの強烈な出来栄えに慄いた当時のBBCの重役たちは、英国内務省から物議を醸す作品の放送を控えるよう通達されていたこともあり、自らの判断でオクラ入りにした作品だった。だが放送が見送られた後、作品の関係者の努力で数回劇場で上映され、疑似ドキュメンタリー=フェイクであるにもかかわらず米国アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞してしまった。『SF核戦争後の未来・スレッズ』はBBCにとっての『The War Game』での苦い経験を払拭する意味でも重要な制作案件だった。
『SF核戦争後の未来・スレッズ』は1984年9月23日、BBCにて放送され、その週の最高視聴率を獲得。翌年の1985年8月には<広島と長崎の原爆投下から40年>を機に再放送、同時に『The War Game』も制作から20年を経て初めてテレビ放送が行われた。日本では1984年8月9日、テレビ東京で放送されている。
監督のミック・ジャクソンはケヴィン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン主演の大ヒット作『ボディガード』の監督であるが、自身のキャリアで最も誇れる作品はこの『SF核戦争後の未来・スレッズ』であると語っている。

キャスト

リース・ディンズデール/カレン・ミーガー/ハリー・ビーティ/リタ・メイ/ニコラス・レイン/デヴィッド・ブリアリー

スタッフ

■監督・製作:ミック・ジャクソン『ボディガード』■製作総指揮:グレアム・マッセイ/ジョン・パーディー■脚本:バリー・ハインズ『ケス』■撮影:アンドリュー・ダン『ゴスフォード・パーク』/ポール・モリス
(C)BBC 1984.
すべて表示