閉じる

FOD

重要なお知らせ:5月18日(火)「auID」「auかんたん決済」システムメンテナンス実施について

魔の刻

魔の刻

時間:110分

配信期間:2017年03月16日 00時00分 ~

視聴期限:購入から7日

夜明けの岸壁に佇む涼子は、漁船・直吉丸が帰港するのを待ち受けていた。その船から降り立つ少年に涼子は、深と呼びかける。だが、その呼びかけを無視するように無言で通り過ぎていく。涼子は海外転勤する夫・敬一郎に離婚を申し出てきたらしく、その事を告げるために、息子である深に会いにきたのであった。深は、1年前から家を出て各地を転々とした末に、この港町に住みつき、直吉丸という魚屋で働くようになっていた。深の困惑をよそに、涼子はアパートを借りた。そのアパートの斜向かいには、薬局があり、何処か曰くありげな花井という中年のヤモメ男が住んでいた。花井は2年程前に相次いで、妻を心臓マヒで、その母を脳溢血で亡くしていた。そして、花井は薬剤師故に、この相次ぐ死を警察に疑われ、片貝という刑事につきまとわれていた。一方、涼子は毎夜のように深の帰りを待っていたが、このアパートに帰ってくることはなかった。涼子と深の間には深い溝があった。母と子という間柄でありながら、夫の留守中に愛し合ってしまったのだ。そして、その現場を夫に目撃されてしまっていたのだった。その時以来、涼子は深を拒み、深は狂ったように家出したのだった。あれから1年、涼子はまた深との許されない愛を求めていた。そんな時、深が包丁で刺される事件が起こった。直吉丸の娘・葉子と寝ていたことが仲間の従業員にばれたことでやられたのだった。涼子は、深を花井薬局へと担ぎ込んだ。というのも、この一件を表沙汰にしたくないという深の頼みからだった。花井の知人の医者・西方の治療で事なきを得る。そして、花井は涼子と深が親子であることをこの時知った。やがて、花井はしばらく旅に出ると姿を消した。そして、涼子は深の看病という二人だけの楽しい時間を過ごした。だがある夜、葉子が深を連れ出した。深を必死に捜す涼子は、岸壁で深を追い詰める。二人は激情をぶつけあうが、いつしかそれは狂おしい愛へと変わっていった。このことが、港町に知れ渡るには、そう時間はかからなかった。深が姿を消した。それと入れ替わるように花井が帰ってきた。そして、花井は義母を薬で殺害したことを告白する。それに呼応するかのように涼子は、深との母子相姦に至るまでのすべてを語るのだった。自分の秘密を打ち明けた涼子は花井と燃えた。その翌日、花井の水死体があがった。港町を後に、涼子の車が走っていく。その涼子を追い掛けてきた深のオートバイを無情にも田んぼへと突っ込ませる涼子だった。

すべて表示