閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

忍者狩り

忍者狩り
忍者狩り

作品概要

徳川二代将軍・家光は、幕府体制を不動のものとするため、外様藩を逐次取潰していた。折も折、伊予松山二十万石の蒲生家では、城主・式部太夫忠知の死病を理由に、嫡子・種丸の家督相続を願い出、将軍家のお墨付きを下付される。種丸の将軍家初御目見得の儀は、6月10日。その儀式が終わった後では、取潰しは出来ない。大和守は、忍者、闇の蔵人とその一味に、お墨付きを奪還するよう命じる。蒲生家城代家老会沢土佐は、幕府の企みを見抜き、お墨付きを守るため、4人の浪人を新規に召し抱え、忍者狩りに当たらせる。和田倉五郎左ヱ門、永長八右ヱ門、筧新蔵、天野弥次郎、いずれも主家取潰しの悲運にあった男たちだった。4人の経験から、蔵人は事前に手下の一人を仕官させ、城中に潜り込ませることから、新規召し抱えになった家臣の8人、腰元は一昨日土佐付きになった美保、さらには3年前から城中に出入りするようになった白葉尼の身許を探るが、手掛かりは何も得られなかった。計を案じた五郎左は、8人の家臣を、お墨付き守護の宿直役につけた。その夜、蔵人一味が忍び込み、お墨付きが火中に投ぜられるが、それは偽物だった。五郎左は、8人の家臣に苛酷な拷問を行い、一人一人首を刎ねていった。7人目の式部と名乗る若侍は、瞬時地を蹴り跳び去ろうとするが、五郎左の大刀がすかさず、斬り捨てるのだった。罪のない家臣の命まで奪った五郎左の執念に恐怖と反感を抱く蒲生家の人々。そんな中、御用商人天満屋の動きに疑問を抱いた弥次郎は、尾行するものの逆に蔵人たちの手に掛かり、命を落とす。これに対し、五郎左は、お墨付きの偽情報を掴ませ、襲ってきた天満屋一味をことごとく斬り倒す。一方、蔵人一味は、仲間である白葉尼が式部の死体から抜き取った暗号文から、新参腰元美保が、お墨付きを所持しているものとにらみ、美保を掠う。美保は拷問の途中、舌を噛み切り、絶命し秘密を守る。いよいよ窮してきた蔵人たちは、種丸君の命を直接狙うが、これまた暗殺計画は失敗する。折しも藩主忠知が死去し、葬儀はお迎えの使者来訪の前に執り行うことになる。そうなれば、お世継ぎの種丸君が喪主として葬儀に参列しなければならない。この機に、蔵人たちが必ず種丸君の命を狙ってくると分かっていながらも、蔵人を倒すために、若君の参列をと土佐に談判する狂気沙汰の五郎左。葬儀当日、土佐は巧みに種丸君と家臣の子とすり替える土佐。

キャスト

近衛十四郎/佐藤慶/山城新伍/河原崎長一郎/田村高廣/穂高稔

スタッフ

■監督:山内鉄也■脚本:高田宏治■音楽:津島利章■撮影:赤塚滋
すべて表示