閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

ヴァイブレータ

ヴァイブレータ

推奨動画環境については「ご利用ガイド」をご確認ください。
視聴期限内であっても、配信期間を過ぎたコンテンツはご視聴になれませんので、あらかじめご了承ください。
著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。
この映像はR15+指定作品のため、15歳未満のお客様は視聴することができません。

ヴァイブレータ

作品概要

早川玲(寺島しのぶ)、31歳。フリーのルポライターをしている彼女は、いつからか頭のなかで聞こえるようになった“声”の存在に悩まされている。そのせいで不眠、過食、食べ吐きを繰り返し、アルコールに依存していた。 ある冬の日、コンビニで白ワインとジンを探す彼女の目に、一人の男が飛びこむ。その男と視線があった瞬間、分離した玲の心は“あたし”を感じる。男はすれ違いざま彼女の体に触り、それを合図にするように、コンビニを出て行く男の後を追う玲。
コンビニの外、トラックの運転席に座る男が見える。トラックに乗り込む玲に男がいう。「ようこそ」。男は岡部希寿(大森南朋)というフリーの長距離トラック運転手だった。ぎこちなく酒を飲みながら、やがてアイドリングの振動を感じながら二人は肌を重ねる。
「道連れにして」という玲を乗せ、トラックは東京から新潟へ向けて走り出した。
言葉を重ねながら、肌を重ねながら、男との時間に身をゆだねていく玲。気がつくと、頭のなかの“声”は聞こえなくなっていた。あるのは、もう体に馴染んだエンジンのアイドリングの音だけ・・・・・・。

原作

赤坂真理(講談社文庫刊)

キャスト

寺島しのぶ/大森南朋/田口トモロヲ/戸田昌宏/高柳絵理子/牧瀬里穂/坂上みき/村上淳/野村祐人

スタッフ

■監督:廣木隆一■脚本:荒井晴彦■撮影:鈴木一博■美術:林千奈■録音:深田晃■音楽プロデューサー:石川光
すべて表示