閉じる

FOD

メガバンク最終決戦

メガバンク最終決戦
メガバンク最終決戦

作品概要

東西帝都EFG銀行(TEFG)は、帝都銀行を中心に東西銀行、EFG銀行が金融庁主導で合併して誕生したメガバンク。合併以来、帝都銀行出身者が主導権を握り、行内では出身銀行ごとのヒエラルキーが強く残る。そんな中、辣腕ディーラーの桂光義は、帝都銀行出身ではないものの、手腕を買われて為替部門の専務にまで上り詰めていた。
一方、EFG銀行のさらに前身の銀行であり、TEFG内で“最下層”と位置付けられている名京銀行出身の総務部、二瓶正平は、そんなヒエラルキーには屈せず仕事に邁進していた。
ある日、TEFG上層部と金融庁官僚との密談で行なわれた超長期国債の購入をきっかけに、TEFGは破綻の危機に陥る。会社存続のため、桂は二瓶とともにTEFG買収を狙う外資ファンドや、陰謀をたくらむ官僚たちに立ち向かう。

キャスト

桂光義:椎名桔平/二瓶正平:桐谷健太/西郷洋輔:大石吾朗/水野正吾:利重剛/湯川珠季:緒川たまき/佐川瑤子:音月桂

スタッフ

■監督:古澤健■脚本:杉原憲明
(C)2015 波多野聖/新潮社(C)2016 WOWOW INC. 企画協力 新潮社
すべて表示

エピソード全 6 件