閉じる

FOD

時をかけるバンド

第7話 CHAHHAN SANE

時間:26分

配信期間:2020年09月30日 12時00分 ~ 2021年08月17日 23時59分

オーディション終了後、「和泉誠一」に告白された「江花有希」。「加藤汐里」と「村上瞳子」はそれを目撃、誠一に想いを寄せていた瞳子は絶叫して走り去り、汐里もそれを追いかける。一方「亮」は何故か、誠一のバンドのメンバー、「瀧寛人」「椿あおい」と一緒に飲み、そのまま瀧と、瀧の家で飲み直すことになる。瀧はバンドを脱退して医者になることも考えていると亮に話す。亮は瀧に両立できると太鼓判を押すが、瀧は本気にしない。瀧は亮の体に異変が見え始めたことに気づくが、亮に他の人には黙っているよう口止めされる。誠一の告白で、有希と瞳子の間はギクシャクしていた。そんな中、社長の「柳下雄一」から電話があり、「ちゃあはん」のメジャーデビューが決定したことを告げられる。喜び合う3人。ところが数日後事務所に行ってみると、デビュー曲は、オリジナルではなく、知らない人の作った楽曲(『77番』)だということがわかる。納得いかない3人だが、有希は『77番』の歌詞に何か引っかかりを覚えるのだった・・・。

【出演】
三浦翔平/白石聖/長井短/大原優乃/板垣瑞生/坂東龍汰/石井貴就/希代彩/ハント敬士/姜暢雄/松本海希/春海四方/渡辺裕之

【スタッフ】
■脚本:下田悠子■オープニング:赤い公園「オレンジ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)■エンディング:赤い公園「pray」(ソニー・ミュージックレーベルズ)■企画:加藤達也/杉山剛(ソニー・ミュージックエンタテインメント)■プロデュース:櫻井雄一(ソケット)■協力プロデューサー:村上正成/孫揚(YOUKU)■チーフプロデューサー:木沢基/胡可(YOUKU)■エグゼクティブプロデューサー:早川敬之/謝穎(YOUKU)■監督:椿本慶次郎■制作協力:ソケット■制作:フジテレビ/YOUKU

すべて表示