閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

第31回ヤングシナリオ大賞『パニックコマーシャル』

第31回ヤングシナリオ大賞『パニックコマーシャル』
第31回ヤングシナリオ大賞『パニックコマーシャル』

作品概要

おしゃれなCMを作ろうと燃えるクリエイティブディレクター・新倉(30)は、発泡酒【ビアライト】のCM撮影に臨んでいた。クライアントの宣伝担当・藤木は、新倉の企画に感動し、CM監督の雨宮は、広告賞も獲れると期待を膨らませ、現場は明るい空気に満ちていた。そんななか、急きょ、頭の固い宣伝部長・石瓦が現れる。石瓦は、新倉の企画が従来のビアライトCMとは違うことを懸念し、修正に次ぐ修正をもちかけ、CMはどんどん最初のコンテとは別のものになっていく。そんな状況に監督の雨宮はあきれ、タレントの女優・リンカはイライラを募らせる。新倉は、クライアント・タレント・監督・プロデューサー、4者の事情をまとめようとするも、うまくいかない。結果、リンカは不満が爆発し撮影を拒否、カメラは故障、現場は最悪の空気に。いったん休憩をとることになった現場。壁にぶつかり落ち込んでいる新倉のもとに、藤木が来る。石瓦に反論できなかったと反省する藤木に、新倉は、すべては何もできなかった自分のせいだと返す。落胆するふたり。憂さ晴らしにビアライトを口にする。それを飲んでいる時だけは、少しだけ楽になれた。ハッとなる新倉。自分は一番大切な商品のことを何も見られていなかったと気づく。さまざまなオトナの事情はあるけれど、一番大切なのは商品そのもの。原点に返った新倉は、賞をとるためではなく、ビアライトをいかによく見せるために、もう一度CMを作ろうと立ち上がることで、皆の信頼を再び勝ち取るのだった。

キャスト

赤楚衛二/黒羽麻璃央/北原里英/加治将樹/きづき/川島潤哉/阿南敦子/田中要次 ほか

スタッフ

■脚本:中村允俊■音楽:若林タカツグ■プロデュース:宋ハナ■演出:西岡和宏■制作著作:フジテレビ
すべて表示