閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

マスターズ・オブ・セックス シーズン1

第12話 (字幕版)運命の日

時間:58分

配信期間:2019年03月29日 00時00分 ~ 2020年03月28日 23時59分

ハスが就職の面接でロサンゼルスへと向かう中、ジェーン、リビー、レスターの3人はマスターズの研究報告会の準備に追われていた。マスターズは、物議を醸す報告の内容に対し満員の聴衆がオープンになれるよう、会場でマティーニとつまみをふるまうと言って聞かないが、バージニアを招待するように言われると拒否する。仕事を理由に最初は出席するつもりのなかったバージニアだが、思い直して聴衆に紛れ込む。革新的な研究内容に熱心に耳を傾けていた医師たちだが、スクリーンにバージニアの赤裸々な映像が映し出された途端に席を立ってしまう。ポルノ映像ではないと主張するマスターズだが、同僚から解雇しろとの声が上がる。
偽りの結婚生活にとうとう気づいたマーガレットは、ミズーリで10代の少年と性的関係を持ち終身刑になった男性のニュースを夫に話す。スカリーは結婚前から男性に惹かれていたことを認めるが、電気ショック療法を受けてでも性的指向を変えるとマーガレットに約束する。しかし医師に会いその治療法を聞いた彼女は治療を受けないよう夫を諭す。バージニアは女性医療の分野を切り開くことを望むがデポールはパップテストの普及に集中すべきだと言う。デポールはマスターズと同等の資金援助が必要だと学長のフィッツヒューに掛け合うが拒否される。UCLAから誘いを受けたハスはバージニアに電話をし、結婚してカリフォルニアに移ろうと言う。
ジェーン、リビー、レスターが最悪の事態を覚悟する中、マスターズは研究存続のためにスカリーを味方につける。しかし同僚たちの反発は強く、マスターズとリビーが報告会の成功を見越して開いたパーティーにも誰も姿を現さない。マスターズは守秘義務があると言って明かさないが、リビーを含め誰もが映像中の女性はバージニアだと思っていた。そんな噂が広がる中、フィッツヒュー学長がマスターズとスカリーの2人を解雇しようとするが、マスターズはスカリーを守るためにすべての責任を1人で背負う。マスターズとスカリーが暗く酒を酌み交わしていた頃、陣痛が始まったリビーは病院に担ぎ込まれ無事出産する。解雇されたマスターズはバージニアの家を訪ね、彼女の研究への貢献を感謝し、彼女を失うことは耐えられないと告げる。

研究報告の内容に新鮮味を感じないマスターズは、自分の発表の参考にするため講演会へと出かける。デポールとバージニアは経費削減のため列車ではなくバスで現地に向かう。デポールはバージニアから、マスターズが多額の給与を大学側からもらっていることを聞かされ、憤りを感じる。バスの故障で会議を見逃したデポールはバージニアの提案で、会議に参加している医師たちの妻にガン検診の重要性を訴える。一方病院で夫の手助けをするリビーは、とある実験結果を見て夫とバージニアの間に何かあるのではと不安になる。真っ向から勝負を挑むイーサンにジョージは敗北を感じつつ、「お前の知らない彼女を俺は知っている」と捨てゼリフを吐く。

【出演】
マイケル・シーン/ボー・ブリッジス/リジー・キャプラン/アリソン・ジャネイ/ニコラス・ダゴスト/ヘレーネ・ヨーク/テディ・シアーズ

【スタッフ】
■監督:マイケル・ディナー■脚本:ミシェル・アシュフォード

マイケル・シーン/ボー・ブリッジス/リジー・キャプラン/アリソン・ジャネイ/ニコラス・ダゴスト/ヘレーネ・ヨーク/テディ・シアーズ

■監督:マイケル・ディナー■脚本:ミシェル・アシュフォード

すべて表示