閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン
【障害復旧のお知らせ】FODアプリの不具合に関して
重要なお知らせ:10月20日(日)「楽天ペイ(オンライン決済)」システムメンテナンス実施について
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

ポルノグラファー~インディゴの気分~

#4 愛するということ

時間:24分

配信期間:2019年03月21日 00時00分 ~ 2020年02月27日 23時59分

原稿を書き終えたとの連絡を受け、蒲生田邸を訪れた城戸。居間には豪華な料理が並び、祝宴の準備が整っていたが、?書き終えた“のは蒲生田の原稿ではなく木島の原稿と知り肩を落とす。しかし蒲生田はポルノ処女作を書き終えた祝いだと上機嫌で、木島が来てくれて助かっている、と城戸に告げる。祝宴が続くなか、蒲生田は倒れてしまい、木島に支えられて寝室へと向かう。その様子を訝しげに見つめる城戸。少しして蒲生田の寝室から木島が出てくると、城戸は小部屋に木島を引きずり込み熱いキスを交わす。城戸は、木島が蒲生田とも関係があるのではと疑うが、木島は否定し、それよりも城戸の事を考えて「あそこをいじってた」と告げる。木島の告白に興奮が抑えられなくなった城戸は、そのまま木島を押し倒し、服を脱がせていく。絡み合う二人。だが、城戸はその時、少し前にヨリを戻した彼女の事を考えていた。2人が身体を重ねていると、家政婦の佐藤が木島を呼ぶ声が聞こえてくる。木島が慌てて服を着て、佐藤と共に蒲生田の部屋に駆け付けると、蒲生田は布団の上で血を吐いて倒れていた。蒲生田はそのまま即入院となり、木島は毎日献身的に病院へ通った。そんな木島に「ここまで付き合うことはない」と蒲生田は告げるが、木島は「これは僕のため」「先生に教わりたいことがまだたくさんある」と答える。そんな木島に蒲生田は何度も何度も頭を下げた。そんななか、ポルノ処女作の刊行が決まり、木島は城戸のオフィスを訪れる。出版社の社長も同席する打ち合わせの場で、城戸が転職するために木島の担当を外れる事、そしてそれが彼女と結婚するためであることを、木島は初めて聞かされ―――

【出演】
竹財輝之助/吉田宗洋/山中聡/倉橋秀美/吉田れいな/都倉彩加/大石吾朗

すべて表示