閉じる

FOD

ありふれた奇跡

第7話

時間:46分

配信期間:2018年09月12日 00時00分 ~ 2019年09月11日 23時59分

視聴期限:購入から8日

中城加奈(仲間由紀恵)の家で静江(八千草薫)に子供はいらないと言った田崎翔太(加瀬亮)。それを律子(キムラ緑子)が知っていたことで翔太は重夫(風間杜夫)を問いただし、朋也(岸部一徳)が田崎家を訪ねてきたことと結婚を反対していることを知る。
加奈は翔太から朋也の行動を聞き、自分たちの知らないところで結婚の話が出ていることに戸惑う。秘密を告白してくれたのは結婚を考えてのことだと思っていた翔太は、子供はいらないと繰り返すが、加奈は結婚はしないと言い切る。
ある日、翔太は静江に会うためにスーツ姿で中城家を訪れた。家には代休中の朋也もいて、あまり歓迎されない様子で中に通される。朋也、桂(戸田恵子)、静江に囲まれるように座った翔太は、加奈との結婚は今のところはないと言いつつも、自分は結婚を望んでいることを告げる。そして、子供がいらないと言ったのは本心ではなかったと話すが、朋也は厳しい口調で発言の真意を追求してくる。さらに、翔太が仕事に追い詰められて入院したことや自殺未遂をした過去を調べていて、加奈の相手にふさわしくないと言い切った。翔太を執拗に責める朋也に嫌悪感を示す桂。逃げるように中城家を出る翔太を静江は気の毒に思いながら見送る。
家に帰ってきた加奈のもとへ桂と静江がきた。翔太が訪ねてきた一部始終を聞いた加奈は、朋也の行動に怒りながらも、家族の前で翔太とは結婚はしないと言い切る。そんな中、藤本誠(陣内孝則)は児童相談所を訪れていた。
数日後、静江は四郎(井川比佐志)から電話をもらい喫茶店で待ち合わせをする。四郎は、自分の出る幕じゃないと言いながらも翔太と加奈の仲を朋也に納得してもらえるよう協力を頼んだ。静江は翔太をいい青年だとほめつつも、加奈はあげられないと協力を断る。
一方、呼び出され「妙」にやってきた加奈は誠から袋を受け取る。中には誠が児童相談所でもらっていた養子縁組のパンフレットが入っていた。
人形作りを再開した桂。そこへ静江がやってきて、加奈の部屋からみつけたとパンフレットを差し出す。養子縁組の文字に驚く桂。翔太が子供はいらないと言った理由を、翔太の方にあると誤解した2人は・・・。

すべて表示