閉じる

FOD

水曜日の情事~a Wednesday love affair

#3 恐るべき妻の正体

時間:46分

配信期間:2018年06月25日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

「来週の水曜日、あい(天海祐希)は軽井沢、私は夫の納骨で実家へ。実は納骨には行かない。アリバイは完璧だから。待ってるから」。操(石田ひかり)にせがまれ、操宅を出た直後にハコ(金子さやか)を連れた明洋(谷原章介)に「義兄さん」と声をかけられ、詠一郎(本木雅弘)は心臓が止まる思いだった。隅田川沿いの小道まで歩いた3人。そこで詠一郎は明洋から、あいとの仲直りの仲立ちをしてほしいと頼まれる。出社した詠一郎は、作家の溝口(田村亮)宅に電話。すると溝口は、日光に取材に出かけ留守だった。そこで、詠一郎は、水曜日を実現するための企みを思いつく。あいへの罪悪感はあるものの「据え膳食わぬは~とやら」。詠一郎もスケベ心いっぱいだった。その日の午後、耕作(原田泰造)の仕事場兼マンションを操が訪ねた。驚く耕作に、真剣なのか遊びなのか、詠一郎の本意を知ろうといろいろ探りを入れてくる操。「他人のものは盗ってはいけない。子どものころお母さんに教わったでしょ」と言う耕作に「作家にしては常識的な人。これは男と女というより、女と女の問題」と、操は話し、たまたま由香子(伊東美咲)がやって来たのを潮に、操は帰っていった。週末の土曜、佐倉家を明洋とハコが訪ねてきた。元々「憎めない奴」と話していたあいは、明洋を許し、特製の栗ご飯を振る舞った。詠一郎は明洋を庭に連れだし、気になるあいと操の関係を尋ねてみた。

すべて表示