閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

鬼平犯科帳スペシャル 一本眉

鬼平犯科帳スペシャル 一本眉

時間:92分

配信期間:2017年12月18日 00時00分 ~ 2019年09月30日 23時59分

視聴期限:購入から8日

打物問屋「豊島屋」が襲われた。二百八十両余りが奪われ、一家十二名が皆殺しにされた。金蔵の錠前はきれいに切断されており、平蔵(中村吉右衛門)はただならぬ相手と直感、火付盗賊改め総力をあげての調べが開始された。豊島屋の錠前切りは、江戸の職人にできる技ではないことがわかったが、豊島屋に出入りの按摩・茂の市(火野正平)は湯治に出ており調べがつかず、賊の影は杳としてつかめなかった。そんな中、密偵のおまさ(梶芽衣子)は、誰かに見張られているような落ち着かない日々を送っていた。数日後、同心・木村忠吾(尾美としのり)は、煮売り酒屋「治郎八」で、尾張の出だという甚五郎(宇津井健)に再会。忠吾は、甚五郎のことをその容姿から『一本眉』と呼んでいた。だが、この男こそ清州の甚五郎という、名うての盗賊だった。実は、おまさを見張っていたのも甚五郎だった。やがて、おまさに接触してきた甚五郎は、一世一代の盗みをするから手伝ってほしいと言ってきた。甚五郎は一滴の血も流さず、大店「三橋重慶」の金蔵を破るという。おまさの話を聞いて、甚五郎のあとをつけた平蔵は、刺客に襲われた甚五郎を助け、一晩を共に明かした。甚五郎を狙ったのは元配下で、今は凶賊に成り下がっていた倉淵の佐喜蔵(遠藤憲一)だった。

すべて表示