閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン
重要なお知らせ:8月20日(火)「auID」「auかんたん決済」システムメンテナンス実施について

鬼平犯科帳スペシャル 山吹屋お勝

鬼平犯科帳スペシャル 山吹屋お勝
鬼平犯科帳スペシャル 山吹屋お勝

作品概要

平蔵(中村吉右衛門)の従兄で、巣鴨の大百姓・三沢仙右衛門(橋爪 功)が長男の初造(金田明夫)とともに、役宅を訪れた。初造は、仙右衛門が年甲斐もなく、料理茶屋「山吹屋」の女中・お勝(床嶋佳子)に入れあげ、嫁にしたいと言い出し困っていると訴えた。お勝の人となりを知るため山吹屋に向かった平蔵は、その身のこなしに不審なものを感じ、密偵・大滝の五郎蔵(綿引勝彦)に素性を探るよう命じた。五郎蔵は、さらに子分の密偵・関宿の利八(吉田栄作)をお勝の元へと差し向けた。女の顔を見て、利八は驚愕する。それは、かつて利八が愛した女・おしのだった。その後、ふたりの消息は途絶えてしまう。責任を感じた五郎蔵は、利八の行方を追おうとするが、平蔵はそれを許さない。五郎蔵に代わり、ふたりの密偵、小房の粂八(蟹江敬三)とおまさ(梶芽衣子)が捜査をする。同じ頃、極悪非道の盗賊・霧(なご)の七郎(平泉成)もおしのを探していた。実は、おしのは、七郎一味の引き込み役だった。平蔵に恨みを持つ七郎は、おしのを山吹屋に送り込み、復讐の機会を待っていたのだ。そこへ、平蔵の親類の仙右衛門がおしのを見初めたことを好機とばかりに、仙右衛門邸に盗みに入ろうと図っていた。だが、依然おしのの行方は知れなかった。

原作

池波正太郎

キャスト

中村吉右衛門/多岐川裕美/勝野洋/尾美としのり/中村歌昇/蟹江敬三/三浦浩一/綿引勝彦/梶芽衣子

スタッフ

■監督:石原興■脚本:古田求
(C)2005フジテレビジョン/松竹株式会社
すべて表示