閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

魔術師マーリン2

#6 王の涙

時間:44分

配信期間:2017年10月06日 00時00分 ~ 2019年10月26日 23時59分

まんまとウーサーの后に納まったカトリーナ(トロル)だが、マーリンに正体を見抜かれていると知って、花押(印章)を彼に盗まれたとウーサーを騙し、マーリンをお尋ね者にしてしまう。
アーサーはマーリンをかばって逃がすが、遠く北の国境に逃げたと見せかけ、こっそりキャメロットに戻るマーリン。ガイアスと力を合わせ、カトリーナの正体を暴く方法を模索する。
后に納まったことで増長したカトリーナは、ウーサーを焚きつけ、新たな税を徴収させようとするが、民の難儀を見かねたアーサーが独断で、徴収をやめさせる。しかし、それこそカトリーナにとっての思う壺、アーサーの軟弱さをウーサーに訴え、皇太子を廃して自分が王位継承権を得るように持って行く。
すっかりトロルの魔法に支配されたウーサーは、彼女の云うがまま、カトリーナの王位継承を公式に宣言する。ところが、人間に化ける薬をマーリンがすり替えていたことから、儀式の場でカトリーナはトロル本来の姿に変身、一同大騒ぎとなるものの、肝心のウーサーの目は曇ったまま、変わらず美女カトリーナとしか見えていない。
かくして、本性を現したままのトロルと、彼女に色惚け状態のウーサーがキャメロットを支配するという、悲喜劇が進行、臣下も市民も苦酸を舐める日々が始まる。
何とか事態打破を計るマーリンは、ドラゴンに助けを求め、ウーサーの目を覚まさせるには、彼に心底からの慚愧の涙を流させるしかないという答えを得る。
ウーサーの心を動かすには息子アーサーの死しかないと云う結論に至ったマーリンとガイアスは、アーサーを説得して一時仮死状態に陥らせる毒薬を飲ませ、ウーサーに涙を流させることに成功、ウーサーは正気を取り戻す。
もはやこれまでと怪力を振るい暴れるトロル、しかし、解毒剤で息を吹き返したアーサーがトロルを刺殺、ようやくキャメロットに平和が蘇る。

すべて表示