閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

嵐の涙~私たちに明日はある~

#11 過去の暗闇に迫る男

時間:22分

配信期間:2018年05月25日 00時00分 ~ 2019年11月09日 23時59分

視聴期限:購入から8日

剛太郎(宅間孝行)はついに自分が記憶喪失であることを大田原(大石吾朗)に打ち明ける。10年前、記憶をなくした雄介と赤ん坊の春子を「藤塚剛太郎とすみれ」として枝川家に迎え、娘・まき(遠藤久美子)の婿養子にしたことが知られてしまう・・・。もはや逃げることの出来ない大造(竜雷太)は全てを受け止める覚悟を決める。常滑焼「宮崎工房」で、遅くまで招き猫作りを頑張る里子(佐藤江梨子)、春子(ほの花)、宮崎(斉藤陽一郎)の3人。深夜、里子と宮崎を手伝いにまきがやってくる。招き猫作りを通して、今まで知らなかった娘の新たな一面を発見した里子とまきは、それぞれ成長した10歳の娘に改めて愛おしさを覚える。もう絶対に家族を失いたくない、母としての不安や恐怖を正直に口に出したことで、まきに家元就任の覚悟が芽生える。まきの決意を聞いた大造は秘書の照(いしのようこ)を呼び、就任披露パーティーを予定通り行うと告げる。パーティー当日、決然とした表情で新家元としての抱負を語り始めたまきは、娘・すみれ(舞優)を想うが故の愛にあふれた大きな決断を発表する。そのことが10歳の娘を苦しめることになるとは知らずに・・・。

すべて表示