閉じる

FOD

世にも奇妙な物語

1991/1/10放送 世にも奇妙な物語

時間:46分

配信期間:2015年04月08日 11時00分 ~

視聴期限:購入から8日

「瞳の中へ」
分厚いレンズのカッコ悪いメガネしかもっていない麻奈子(藤田朋子)はついに、コンタクトレンズを買う決心をしたが、高価でとても手がでない。そんな時、「高級コンタクト大廉売」のチラシを見つけ、ものは試しとその店を訪れる。何となく胡散臭さを感じながらも、店員のセールスに言い負かされて麻奈子はそれを購入する。
憧れの男性と初デートの日、コンタクトレンズをつけた自分の視界の広さに驚き、「今夜のデートで世界が変わるかも・・」とウキウキ。そんなことを考えながら歩く麻奈子、ふと道行く男性と目が合った。すると次の瞬間、男は走っている車の前に飛び込み自殺をしてしまった!それからも老人を見るとその老人が、OLを見るとそのOLが死ぬ、という異変が相次ぐ。恐怖におののく麻奈子、誰とも目を合わせないようにするが・・。

「もういちど」
生真面目なサラリーマン石田(中井貴一)は今夜も残業。「私たち今日で終わりね」と恋人由里(鷲尾いさ子)から突然の電話。デートの約束をまた忘れていたのだった。残業をすませて待ち合わせ場所に向かうが、乗ったタクシーが渋滞につかまったり、脇道にはいって出られなくなったりで、どんどん時間に遅れていく。由里にプレゼントするはずの指輪を頼んでいた店も閉店。
ようやく約束の場所に着いたが、由里はすでにいなかった。あわてた石田は人込みの中で由里の姿を見つけ、追いかけようと思わず道に飛びだし車に跳ねられてしまう。
・・・と気が付くとそこは何時間か前の風景、会社のデスクに向かっている。「車に跳ねられたはずだが・・」と考え込む石田あてに、何とまた由里からのTELが・・。

「盗聴レシーバーの怪」
浪人生、沢田清(真木蔵人)は勉強もせず、今日も盗聴レシーバーで楽しんでいる。都会で流行りのコードレスホンの会話を傍受しているのだ。サラリーマン、OL、おばあさんたちの会話、そしてちょっとエッチな会話もと多種多様である。そんなある日、男と女が争う会話をキャッチした。
(男)「ふざけたことをいってると頭から硫酸をぶっかけるぞ!」
(女)「殺せるものなら殺してみなさいよ!!」ガチャン!
物騒な会話に少し怖くなる沢田。
そして次の日、またレシーバーで遊んでいると昨日の男の声が入ってきた。何と男は「昨日あいつを殺した」と友人に告白しているのだった。その時目の前を車がとおりすぎた。車のなかで電話をしている男の唇の動きとレシーバーから聞こえてくる会話の言葉が一致したのだ。(まさか!あの人が犯人?!)飛び上るほど驚く沢田。あわてて家に帰ってテレビをつけると、女性が硫酸をかけられ殺された事件を報道していた・・。

【出演】
「瞳の中へ」
藤田朋子/沢向要進 他
「もういちど」
中井貴一/鷲尾いさ子 他
「盗聴レシーバーの怪」
真木蔵人/伊沢弘 他

すべて表示