閉じる

FOD

新・ミナミの帝王~美人詐欺師の罠~

新・ミナミの帝王~美人詐欺師の罠~

推奨動画環境については「ご利用ガイド」をご確認ください。
視聴期限内であっても、配信期間を過ぎたコンテンツはご視聴になれませんので、あらかじめご了承ください。
著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。

新・ミナミの帝王~美人詐欺師の罠~

作品概要

萬田銀次郎(千原ジュニア)が金貸しを営む大阪ミナミに、教祖を名乗る恵福(安達祐実)が現れる。
知るはずのない事情をズバリと言い当てる“霊視”で多くの信者を獲得し、莫大な金を集めていたが、銀次郎は詐欺だと直感。露天商・馬場正子(楠見薫)を騙して得た情報を話しているだけだと見抜く。
その恵福と詐欺をはたらく春田(山内圭哉)は、銀次郎に恨みを抱いていた。
まもなく、顧客が次々と借金を完済し銀次郎の元を離れ始め、さらに多重債務者が相次いで失踪。
そんな中、ローン会社で働く正子の息子・正樹(中山卓也)が自殺を図った。担当したローンの債務者が姿を消し、会社に1億円の損失を負わせてしまったためだ。弟分の坂上竜一(大東駿介)と正子は親子のような間柄だった。悲しみに暮れる正子を見て、仇を討とうと息巻く竜一だが、銀次郎はいまいちのらない様子。見損なったとかみつく竜一に、銀次郎は絶縁を言い渡す。
酒を飲んで荒れる竜一を恵福は言葉巧みに誘う。すっかり懐柔された竜一は、銀次郎が密かに進めている儲け話を横取りしよう持ちかけ・・・。

原作

「ミナミの帝王」 原作:天王寺大 劇画:郷力也(週刊漫画ゴラク連載中)

キャスト

千原ジュニア/大東駿介/赤井英和/安達祐実/楠見薫 ほか

スタッフ

■脚本:ひかわかよ■演出:瑠東東一郎■プロデューサー:東田元(関西テレビ)/山下有為(関西テレビ)/神山明子(メディアプルポ)/増田幸一郎(メディアプルポ)■音楽:PE'Z/櫻井真一■主題歌:ET-KING■制作:関西テレビ/メディアプルポ
すべて表示