閉じる

FOD

あすなろ三三七拍子

#3 2014年7月29日放送 理不尽で厳しすぎる合宿・・・その意味を教えてくれ

時間:46分

配信期間:2018年01月26日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

ゴールデンウィークになり、翌檜(あすなろ)大学応援団は合宿を行うことになった。駅前に集合した藤巻大介(柳葉敏郎)、松下沙耶(剛力彩芽)、保阪翔(風間俊介)、野口健太(大内田悠平)とOBの齊藤裕一(反町隆史)は、電車に乗り込む。
デッキに団旗や太鼓を置いて座席に向かおうとする大介たちを齊藤が呼び止めた。齋藤は、大介に直立不動で団の魂である団旗と太鼓を守るように言い渡し、沙耶たちには座席の上に正座をさせる。
合宿地に着いた大介たちは、チアリーダー部や吹奏楽部が使用するきれいなセミナーハウスではなく朽ちかけた山荘に連れていかれる。
ほどなく、齊藤による“地獄の合宿”が始まった。声出しの練習では、太鼓を叩く健太のリズムが悪いと全員に腹筋が命じられる。責任を感じる健太。夜練習が終わると、自宅に電話をするため山荘の外へ出ていた大介は、母親を心配して電話をするという健太に優しく声をかける。
合宿2日目。齊藤のダメ出しで何時間もエールの練習が続いた。健太は、自分が原因ではないかと思い、罰の腕立て伏せ100回をひとりでやると申し出る。しかし齊藤は、団は家族だからという理由で全員にやるように命じる。
その夜、責任を感じて眠れないでいた健太に、大介は気にしないようにと励ます。しかし、夜明けに物音で目を覚ました大介が部屋を見回すと、健太の姿がなく・・・。

すべて表示