閉じる

FOD

あすなろ三三七拍子

#1 2014年7月15日放送 重松清の名作ついにドラマ化!中年会社員応援団に出向の悲劇

時間:57分

配信期間:2018年01月26日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

藤巻大介(柳葉敏郎)は、エール物産で総務部課長を務めるサラリーマン。
ある休日、娘の美紀(飯豊まりえ)の恋人が遊びに来るとはしゃぐ妻の広子(菊池桃子)を見て、1人面白くない大介。家にやって来た保阪翔(風間俊介)の、金髪ピアス姿、そして敬語を使えずチャラチャラしている様子に腹を立てる。
とあるホテルで開かれている旧・世田谷商科大学応援団のOB会。今はエール物産で社長をしている幹事長の荒川剛(西田敏行)をはじめとしたOBの齊藤裕一(反町隆史)、山下正人(ほんこん)らは、10年前に女子大と合併して翌檜(あすなろ)大学と名前を変えて以来、応援団が衰退の一途をたどっていることを嘆く。
数日後、社長室に呼び出された大介。荒川から、翌檜大学へ社会人入学をして廃部寸前の応援団を立て直してほしいと頼み込まれる。荒川は大介がリストラ候補であることを告げ、強引に了承させる。
3月。翌檜大学の応援団室へ向かった大介は、チアリーダー部部長の葉月玲奈(高畑充希)と出会い、新歓ステージの存在を教えられる。そこへ齊藤と山下がやって来て、大介を河原へ連れ出す。多摩川の土手を学ラン姿で走らされ、応援団の特訓を受ける大介。その様子を遠くから観察している謎の女子大生・松下沙耶(剛力彩芽)。
翌檜大学入学式。講堂では新歓ステージが始まり、大介は新入生勧誘のため必死で覚えたてのエールを披露するが・・・。

すべて表示