閉じる

FOD

重要なお知らせ:7月23日(火)「dアカウント」システムメンテナンス実施について

正義は勝つ Justice・for・all

#8 告発

時間:46分

配信期間:2019年01月25日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

労災死の認定裁判で、被告会社側の弁護士として“自殺”を主張し、会社側に責任はないとした淳平(織田裕二)に、大内(井上順)や総合商社専務の岩淵(団時朗)はおおいに満足。しかし、淳平の真の目的は、彼らの信頼を得て父親健次郎(津嘉山正種)が、しようとしてできなかった岩淵らの不法行為を告発することだった。京子(鶴田真由)は、「この裁判を乗り超えなければ弁護士になった意味がない」といった淳平の言葉が頭から離れない。正義とは何か、弁護士とは何か、京子の思いは深い。岩淵と大内が結託してマネーロンダリングしていることは分かっているが、淳平の調査はなかなか進まない。石田(段田安則)から、淳平の真意を聞いた京子は、塚田(谷啓)から健次郎の裁判記録を借り調べ始め、淳平の調査が行き詰っていた、KI・CO・・・・・・の略号と病院名が並記された書類を見つける。淳平は、総合商社が裏で不法な臓器取り引きをし、巨利を得ていたことを突き止め、大内、岩淵にこの事実をぶつけたのだったが・・・・・・。

すべて表示