閉じる

FOD

正義は勝つ Justice・for・all

#7 疑惑の法律事務所

時間:46分

配信期間:2019年01月25日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

淳平(織田裕二)は、父親の健次郎(津嘉山正種)が、弁護士資格を剥奪され、自殺に追い込まれる原因となった総合商社の弁護を担当することになった。中南米のホテルで社員が死亡。休暇届が出ていたが、社員の妻が度重なる海外出張による過労死と労災の認定を求めてきた裁判だった。京子(鶴田真由)はふとしたきっかけで、健次郎と塚田(谷啓)、少年時代の淳平、それにセントラル・ロー・オフィスの大内(井上順)が一緒に写る写真を見つけ、塚田から、健次郎が自殺に至った経過や原因を聞かされる。父親を死に追いやった会社の弁護をなぜ?疑問をぶつける京子に淳平は、「弁護士は依頼人を選ばない」と言い切るのだった。普段依頼されない総合商社が、なぜ今回に限り依頼してきたのか、石田(段田安則)は、事務所の経理を調べるうち、商社から不審な金の流れを突き止める。淳平も裁判準備の調査をするうちそれに気づく。裁判開始、淳平は社員は自殺、会社側に責任はないと主張するのだった。

すべて表示