閉じる

FOD

ワールドカップバレー

白い春

#11 本当のお父さん

時間:46分

配信期間:2013年06月01日 10時00分 ~ 2019年09月30日 23時59分

視聴期限:購入から8日

パン屋をやめるという佐倉春男(阿部寛)を引き留めようとして追いかけた村上さち(大橋のぞみ)だが、春男はさちを振り切り、行ってしまう。落ち込んださちを偶然見つけた西田栞(吉高由里子)は、その様子を見かねて「おじさんは、さっちゃんのお父さんなんだよ」と切り出してしまう。
パン屋を辞めた理由を聞く栞に、春男は自分がいたら親子の邪魔になるだけだと話す。栞はワッフル屋を一緒にやろうと声をかけるが春男はそれを断りつつも、栞と小島勇樹(遠藤雄弥)に心配してくれたお礼を言う。
一方、村上康史(遠藤憲一)はさちに、出て行った春男を引き留めるのはかえって迷惑なんだと優しく諭す。意外にも素直にうなずくさちに少し驚きながらも安心する康史と高村佳奈子(白石美帆)。そして康史はおじさんが喜ぶからと言い、海に行こうと約束する。しかし部屋に戻ったさちは、栞の言葉を思い返していた・・・。
数日後、さちと康史は海に来ていた。喜んで砂浜を走るさちを見る康史も笑顔だ。やがて砂浜に座り春男からもらった水彩画セットで絵を描き始めるさち。康史はそんなさちを見ながら、こうしてゆっくりと親子の時間が過ごせたことを喜ぶ。
春男はいつかの定食屋で、住み込みで働き始めていた。友人の田所(柴田次郎)と一緒に定食屋に来ていた安岡竜也(デビット伊東)は、春男が真面目に働いている姿を見て嬉しそうだ。竜也は仕事があると先に帰るが、田所と話しているうちに春男は竜也がスナックを開店させたのが9年前であることを知る。資金はヤバイ金だったかもと冗談めかして話す田所に、組から支払われているはずのお金が真理子(紺野まひる)に渡っていなかったことを思い出す春男。その夜、春男は竜也のスナックを訪ね、真実を確かめようとする・・・。

すべて表示