閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

白い春

#4 本当の父親

時間:47分

配信期間:2013年06月01日 10時00分 ~ 2019年09月30日 23時59分

視聴期限:購入から8日

西田栞(吉高由里子)がスーパーでアルバイトをしていると、村上さち(大橋のぞみ)がやってくる。話している時に、さちが今度の日曜に母親・真理子(紺野まひる)の墓参りに行くことを聞く。栞は、さっそく真理子に関心を示していた佐倉春男(阿部寛)に知らせる。
春男は、栞がさちから聞きだして描いた墓地への地図を頼りに、真理子の墓参りに出かける。しかし、道に迷っているところをさちと高村佳奈子(白石美帆)に見つかってしまう。春男が墓地をうろうろしていることを不審に思った佳奈子は、とっさに物陰に隠れるが、さちは、春男の所へ出て行ってしまう。
仕方なく3人で真理子の墓に行くことに。春男はじっと墓石を見ていたが、そこに書かれている名前が「高村真理子」であることに気づき、真理子は康史の籍に入っていなかったことを知る。佳奈子に墓の掃除を促された春男は墓石に水を掛けこすりはじめるが、やがて詫びるように掃除する春男の眼には涙がにじむ。
一方、遅れて墓地に向かっていた村上康史(遠藤憲一)は、バスが故障し立ち往生する。さちのことが気がかりな康史は、佳奈子に電話して「さちを近づけるな」と指示する。しかし、その心配をよそに、さちは春男の元に寄って行ってしまう。
遅れて墓地に着いた康史は「家族につきまとうな」と釘をさすが、春男は「籍を入れていなかったのに家族か」と言い残し、帰って行く。
その夜、墓地に来た春男を見て動揺した康史を不審に思った佳奈子が問いただすと、康史の口から驚きの事実が・・・。

すべて表示