閉じる

FOD

「iOS14」における課金不具合について
FODプレミアム会員でログインできないお客様に関して
プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~

#11 2013年6月18日放送 上羽やの宝物

時間:45分

配信期間:2013年06月20日 16時00分 ~ 2023年06月18日 23時59分

視聴期限:購入から8日

峰岸鼓太郎(笹野高史)が、春子(松坂慶子)と結婚、「上羽や」で披露宴を開き、おめでたい空気の中、衣川周平(椎名桔平)は梅垣鈴風(若村麻由美)とともに上羽鴨(松下奈緒)の元から去って行った。
鈴風は、海外の富裕層客相手に、京都で特別な体験ができるプランを提供するとともに、海外旅行企業と貸し切り契約を交わし、高い単価で海外セレブを泊める計画を進めていた。すでに鈴風は「上羽や」の債権を買い取っており、鴨が断る選択肢はないという。「上羽や」は一旦閉めて従業員はそのままに、「梅垣屋別館」として営業するという。
 鴨は塩見鞠子(かたせ梨乃)に意見を求めるが、鞠子は女将の思う通りにすればいいと告げる。
 鴨は従業員を集めて「梅垣屋別館」になることを伝える。動揺する従業員たちに立て直しできなかったことを素直に謝る鴨。
 事情を知った仲代公吉(松平健)が「上羽や」に来た。鞠子は鴨に旅館の名前が変わる前に迎えたい顧客リストを渡した。
 招待日になり、新婚旅行も兼ねた峰岸と春子がやってきた。そこへ、鈴風がともに富裕層プランを進めているアントワーヌ・ベルラン(ジュリー・ドレフュス)を連れて「上羽や」の下見に来た。さらに貿易会社社長の葛川克也(宇梶剛士)や、20年前に宿泊した女性3人組もやってきた。その3人は、以前埋めたタイムカプセルを探したいと言い出す。「白河の間」の庭を掘ると聞いた峰岸は動揺する。

すべて表示