閉じる

FOD

ダブル・ミーニング――Yes or No ?

ダブル・ミーニング――Yes or No ?
ダブル・ミーニング――Yes or No ?

作品概要

望月陽(北乃きい)ら捜査一課特殊犯係の元に、残酷な動画がネット配信されているという情報が入る。マスク男が登場するその動画は、世間に正義を問うとうたって究極の二択を提示し、閲覧者の投票の結果が意に沿わない場合は、人質を銃殺するという内容だった。
同じ日に、警視の山路哲夫(寺島進)に届いた差出人不明の手紙が、動画の内容と酷似していることを知った特殊犯係は、所轄に異動していた山路を呼び寄せ、捜査に乗り出す。
2問、3問と問題が進んでいくにつれ、増え続けるアクセス数と投票数。まるでゲームでもしているかのように、興味本位で配信を楽しむ人々が集まっていく。そんな中、犯行が船の中で行われていることが判明。船の特定に至るも、状況がリアルタイムで配信されている現状から、積極的な行動に出られない警視庁と海上保安庁は、捜査の指揮権の所在をなすりつけ合う。一方、何かに気付いた山路は、過去の捜査記録を確認し始める。
捜査に二の足を踏んでいると、犯人の策略で配信がテレビ中継されることに。世間が過熱していく様子に、プロファイラーの大曾根学(山本裕典)が犯行のエスカレートを予見する中、船が岸に戻ってくる。望月は、犯人と交渉させてほしいと管理官の風見憲吾(高嶋政伸)に直訴するが、取り合ってもらえない。しびれを切らした望月は、同僚の岩崎良太(石垣佑磨)が止めるのも聞かず、船に向かって人質の開放を要求し始める。

原作

秦建日子『推理小説』(河出書房新社)

キャスト

北乃きい 高嶋政伸 山本裕典 石垣佑磨 / 綾野剛  山下リオ 橋本じゅん 忍成修吾 駿河太郎 福士誠治 浅野和之 / 加藤雅也 阿部サダヲ 寺島進

スタッフ

■脚本:大久保ともみ■演出:根本和政■プロデューサー:吉條英希(関西テレビ)/豊福陽子(関西テレビ)/稲田秀樹(共同テレビ)■音楽:住友紀人■制作:関西テレビ/共同テレビ
(C)秦建日子/河出書房新社/関西テレビ/共同テレビ
すべて表示