閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

カラマーゾフの兄弟

#7 2013年2月23日放送 ~黒く潰された空白~

時間:35分

配信期間:2013年02月27日 16時00分 ~

視聴期限:購入から8日

刑事・入江悟史(滝藤賢一)は、意識が戻った黒澤文蔵(吉田鋼太郎)の秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)に、彼を階段から突き落とした人物を聞き出そうと、次男・勲(市原隼人)、長男・満(斎藤工)、三男・涼(林遣都)3兄弟の写真を見せた。戸惑いながらも、その中の1人を指さす小栗・・・。
文蔵殺害当日19時頃。満は、人目を気にしながら、とある道を走っていた。しばらくして、どこかに連絡をする満。ところが相手は電話に出ず、すぐに会いたいと留守電にメッセージを残した。
同じ日の22時頃、勲は東京にいた。弁護士事務所に、明日から出勤しますと連絡を入れた直後、見知らぬ番号からの着信に出ると、相手は入江だった。入江から父・文蔵が遺体で発見され、状況から殺害された可能性が高いことを聞かされた勲は、すぐに烏目町に戻ることに・・・。
一方の涼は19時半頃、遺体の第1発見者として屋敷にいた。階段下に倒れていた小栗と食中毒で休んでいた末松進(松下洸平)の2人が、救急車で病院に運ばれたことを入江から聞かされた涼は任意同行を求められる。少し前の夕方、涼は黒澤地所の中にいた。昔の黒澤家使用人から“母・詩織(安藤サクラ)が自殺した本当の理由”を聞き出した涼は、“ある決意”を固めたのだった。しばらくして、建物から出て来た涼は、ある人物が黒澤地所に火をつけようとしているのを見つけてしまう・・・。

すべて表示