閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

カラマーゾフの兄弟

#6 2013年2月16日放送 ~死を刻む砂音~

時間:35分

配信期間:2013年02月20日 16時00分 ~

視聴期限:購入から8日

刑事・入江悟史(滝藤賢一)は、黒澤文蔵(吉田鋼太郎)が遺体で発見された際に、近くで倒れていた秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)から事件当時の話を聞こうとしていた。それより前、使用人・末松進(松下洸平)からも話を聞いていた入江。末松は、事件当日は忙しく午後3時をまわってようやく昼食を取ったところ、急に気分が悪くなり、屋敷の離れで休んでいたという。一方の小栗は、末松の代わりに用事を済ませるため外出したが、途中で忘れ物に気づき、屋敷に引き返したところである人物によって階段から突き落とされたという。その人物を聞き出そうとする入江。
ある朝、三男・涼(林遣都)は、2階から文蔵と吉岡久留美(芳賀優里亜)が降りてくるのを見かけるが、文蔵が久留美に接吻したため目をそらす。一連の様子を見ていた次男・勲(市原隼人)。勲と涼は、前日に“世の不条理について”激論を交わしたこともあり、気まずい雰囲気になるが、話が長男・満(斎藤工)の件になると、どちらにも連絡がないことを知り心配になる。
その日の午後、勲と文蔵は、下請け会社・杉卓工務店の件で打ち合わせをしていた。裁判所に、文蔵側に有利な証拠書類を提出して一件落着すると説明した勲に文蔵は、次の仕事も宜しくと話す。この件を片付ければ文蔵の元を離れられると考えていた勲は、息苦しくなる。翌朝、勲はあることを伝えるため、海岸で満を待っていた・・・。

すべて表示