閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

カラマーゾフの兄弟

#5 2013年2月9日放送 ~剥がれる仮面~

時間:35分

配信期間:2013年02月13日 16時00分 ~

視聴期限:購入から8日

町の有力者である黒澤文蔵(吉田鋼太郎)は1月14日に自宅で殺害された。死亡推定時刻は午後4時~6時、死因は鈍器で頭部を強打されたことによる脳挫傷および、脳内出血だった。第1発見者は文蔵の三男・黒澤涼(林遣都)で、事件当日午後7時過ぎに自宅に戻ったところ、階段下に倒れていた秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)を発見する。さらに文蔵の部屋が半開きになっているのに気づき、遺体を発見したのだった。
数日前の朝、次男・勲(市原隼人)が1階に下りてくると、涼はまだ食卓についていなかった。「いなくなるべき人は、他にいるのに・・・」と思い詰めていた涼を、勲は心配になる。文蔵が昨夜連れ込んだ女の悪態をつきながらやってくると、下請け会社の杉卓工務店社長・杉山卓郎(水野智則)が慌てた様子で入ってきた。一方、恩師である園田教授(小野寺昭)の死を受け入れられず途方に暮れていた涼は、黒澤家の庭で卓郎の息子、杉山一郎(樋口海斗)を見つける。
長男・満(斎藤工)が、バー『メトロポリス』で女と飲んでいると、男性同伴の吉岡久留美(芳賀優里亜)が偶然やってきた。罠にはめられた一件後、初めて顔を合わす2人。お互いの同伴者が席を外したところで、満から声を掛けた・・・。
その夜、涼が誰もいない勲の部屋に入ると、机の上に原稿用紙があった。その内容を見てショックを受ける涼。と、そのとき勲が部屋に戻ってきた・・・。

すべて表示