閉じる

FOD

OUT~妻たちの犯罪

#9 崩壊

時間:46分

配信期間:2012年12月01日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

邦子(高田聖子)を「解体」した後の浴室に、香取家の雅子(田中美佐子)、良樹(段田安則)、伸樹(石川伸一郎)、そして則子(飯島直子)がそろった。その時、佐竹(柄本明)から雅子に電話が入った。「次はお前か・・・」。その場は収まったが、伸樹が運んだ「荷物」が邦子の死体だったことを知り、運命を呪う雅子だった。
弁当工場の警備員になりすました佐竹は隙を見て雅子に近づくが、雅子はその声が電話の佐竹の声に似ていることに気付く。そのことをヨシエ(渡辺えり子)に知らせ、弥生(原沙知絵)にも連絡するために彼女の自宅に向かう。が、すでに佐竹は弥生の家に行き、保険金5000万円を強奪していた。
一方、則子は、ホステス・安娜(小田エリカ)の協力で、刑事の木島(湯江健幸)と、ある上司がやくざと繋がりがあることを突き止める。が、家に帰ると、制服がズタズタに切り裂かれてる。きっと「警察」の仕業である。悔し涙をこらえる則子。
雅子は佐竹をけん制するため、十文字(哀川翔)を使い、佐竹のもとへ借金取りを向かわせる。しかし、佐竹はさらに殺意を募らせるだけであった。その仕掛けに使った借用書の書き損じを見つけた良樹は、黙って出掛けて行った。
悔しさに苛まれた則子は、恋人の真山(細川茂樹)の部屋に向かった。だが、真山は弥生とベッドを共にしていた。打ちのめされた則子は、雅子の家へ向かった。「あなたの気持ちが分かる。本心を話して」。視線を泳がせる雅子。その視線の先に「荷物」が。凍り付く二人。その中身は・・・。

すべて表示