閉じる

FOD

非婚家族

#4 大切な事がわかった瞬間に

時間:46分

配信期間:2012年09月01日 10時00分 ~ 2021年03月31日 23時59分

視聴期限:購入から8日

今日は、一年生になった翔太(泉澤祐希)の一学期の終業式。慌ただしく朝、登校していった翔太が昼過ぎ、持って帰った図工の作品や通信簿を見ながら洋介(真田広之)は「よく頑張ったな」と翔太を褒める。ひかる(米倉涼子)が出ていった後も翔太は欠席せず、勉強も頑張った。
きっぱり「別れる」と言ったひかるだが、きっと喜ぶに違いないと、洋介はその通信簿を持ってひかるに会いに行った。ひかるはレッスン場で懸命に練習していた。同じ箇所で何度も失敗、周囲の「いい歳なのに」との冷やかな視線を浴びながら、何かに取り憑かれたように真剣にひかるはレッスンに励んでいた。そんな様子に、洋介は声をかけられず、一方「俺も頑張ろう」と思うのだった。
洋介が、知華子(鈴木京香)から紹介された人材バンクに行くと、履歴書や適性検査の結果から、洋介は希望の仕事に就けそうな感触を得る。しかし、それには翔太の存在がネックだった。母親が同居しておらず、洋介が仕事で家を開ける間「面倒はだれが・・・」と担当者に言われ、洋介は悩む。
その日の夕食時、洋介が「しばらく仙台のおばあちゃんちへ」と翔太に切り出すと、翔太はへそを曲げ、「パパなんて大嫌い」と、ついに親子喧嘩になってしまう。黙って見ていた知華子は、仕事のため、翔太を母に預けたいという洋介を「仕事と子育てを両立している女は多い。なぜ男は仕事しかできないの?」「洋ちゃんはなくなった家族の形を追いかけているだけ」と、なじるのだった。
翌日、知華子が出社すると、インタビュー写真の撮影を根津(宇崎竜童)に頼んだという。「ハッ!」としつつも、知華子は冷静さを装い、根津に会った。事務的な口調で打ち合わせを進めていく知華子。しかし、打ち合わせを終え、エレベーターで一階に下りると、そこに階段を走り下り、追ってきて息を荒らす根津がいた。
ひょんなことから、洋介は、アルバイト的に根津のドライバーを始めた。
ひかるは、タンゴを踊っている自分が好きだという理由から、洋介とも翔太とも別れ、レッスンに励んでいた。「それちょっと冷たくない?」と梨絵(大島さと子)に言われるが、一度決めたらまっすぐなひかるだった。
洋介が再びレッスン場を訪ね、ひかるに翔太の通信簿を見せると「頑張ってるね」と心を和ませるひかるだが「たった一つを手に入れるためなら、他のすべてを捨てられる女なの」と、洋介に言い、再びレッスンに戻っていく。洋介は、何も言えない。
洋介と知華子相次いで、マンションに帰ると翔太がいない。翔太はどこ?。「翔太!」。洋介は叫びながら、夜の街に飛び出していった・・・。

すべて表示