閉じる

FOD

消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

ファイティングガール

#9 突然、不器用なキスされた!

時間:46分

配信期間:2012年09月01日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

小夜子(深田恭子)と亜美(ユンソナ)は、洒落れた店々を回ってTシャツの売り込みをすることにした。
そんな夜、祐三(萩原健一)は祥子(天海祐希)に、「小夜子を殴ってくれた」と礼を言っていた。「すみません」。静かに大人の会話が進む。
その頃、デートを終えた浩太郎(安居剣一郎)と冬美(平山綾)が家に帰って来た。「言葉でいい表わせないくらい楽しかった」。冬美は、浩太郎と熱いキスを交わすのだった。
と、浩太郎は突然、吹き飛んだ。祐三が戻って来て殴り付けたのだ。逆上する祐三は浩太郎に飛び掛かる。丁度その時、亜美と小夜子が帰って来た。
「なにやってんの!?」。叫ぶ小夜子。「くびだ!」「もう来ねえよ」「お父さんなんか、大嫌い!」吉田家は修羅場と化した。
「私だって恋したい。傷ついたっていいの。何もない毎日よりずっといい」。冬美は激昂し部屋に戻るのだった。
皆、寝静まった後、小夜子が物干し台にいると元(坂口憲二)が上がってきた。小夜子が冬美と浩太郎のことを教えてやる。「俺たちもやってみる?」と元。二人はそっと唇を近づけ不器用なキスをするのだった。
翌日、亜美は売り込みを仮病で休んで、洋輔(勝村政信)との別荘デートを企んだ。食事の支度をしている洋輔から、亜美が来ることを聞いた元は、小夜子に誘いの電話を掛けた。
亜美は、美容院に行き綺麗になって別荘の扉を開けた。が、中には、にらみつける小夜子が。
「今は休む時じゃない!」と小夜子。
「女の子はお洒落やデートも大事」と亜美。
小夜子は大声をあげた。「今、ちゃんとしたいのよ。男なんかいらない」。
浩太郎は祥子のとりなしで職場復帰していた。だが、冬美に「やはり俺は辞める」と告げる。冬美は「連れていって」と懇願するのだった。
一方、売り込みを再開した亜美が、セレクトショップに商談成立だと言う。小夜子とその店に戻ると、佐倉(板谷由夏)という店長が「5枚4000円」で置くと言う。小夜子は安すぎると怒り、商談を破棄してしまった。「うちの親父は値切らせないんだよ」と亜美に説明する小夜子。「私が契約したので気に入らないんだろう」と亜美。
喧嘩する二人に、セレクトショップにいた男が近づいてきた。
「もう一度、商談させてくれ」
店のオーナー・高木(野村宏伸)だった。高木は、1週間委託販売だが、さっきの5倍でどうか、と提案してきた。今度は亜美が断ろうとしたが、小夜子はその条件で成立させてしまった。
小夜子が家に戻ると、祐三が冬美を探している。冬美が家出したのだった。

すべて表示