閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

ファイティングガール

#4 世界でたった一つのTシャツ!

時間:46分

配信期間:2012年09月01日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

韓国に生地の仕入れに出掛けた小夜子(深田恭子)と亜美(ユンソナ)が朝食をとっていると、亜美が「婚約者が探しているかもしれない」と言う。亜美は「結婚へのあこがれの軽い気持ちで婚約したの」と説明するのだった。
Tシャツショップ「アンニョン」がオープンした。客足はさっぱりである。ビーチ中回っても、一向に売れない。店に祥子(天海祐希)がやって来て1枚買ってくれた。
仕事を終えた祐三(萩原健一)は、なじみの飲み屋「なぎさ」に足を運んだ。先客の祥子が、買ってきたTシャツを広げて見せた。だが、祐三は振り向きもせず、「あいつをおだてないでくれ」と言い残し帰って行くのだった。
祐三が家に着くと小夜子が冬美(平山綾)の本を読んで聞かせている。小夜子が居間に降りると祐三はTシャツの感想を言いよどむ。小夜子は「お父さんなんかに分からない」と、すぐに親子喧嘩である。
一方、元(坂口憲二)は高学歴の家庭教師・大伴洋輔(勝村政信)が、なぜ父親の会社にいるのか、訊ねた。痴漢で前の会社をくびになったと言う。元は別荘に帰り洋輔を茶化した。洋輔は「やってない。お前の相手なんかしたくない」と、荷物をまとめて飛び出した。元は「あんた苦労してんだ。ほかの奴よりあんたの方がいい」と説得し、洋輔も戻ることにした。
小夜子は、フリーマーケットに出店することを思い付いた。元と洋輔に手伝って来てもらう。そこで元は小夜子に、「洋輔くんが亜美のことを気に入っている」と伝えたりもする。
小夜子と亜美は「目標10万円」と威勢がいい。だが、全然客がこない。小夜子が会場の見回りにでかけると、小夜子のTシャツそっくりのTシャツを売っている。売り手は、「アンニョン」に来て、褒めて買って行った客だった。こちらは盛況だった。それを見た小夜子は・・・!!

すべて表示