閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

鬼嫁日記

#1 家庭内焼肉地獄

時間:52分

配信期間:2012年06月01日 10時00分 ~ 2020年03月31日 23時59分

視聴期限:購入から8日

山崎一馬(ゴリ)はわがままで自己中心的な妻の早苗(観月ありさ)に毎日振り回されっぱなし。念願の一戸建てを手に入れて、引っ越し当日だというのに早苗が勝手に“節約コース”に変更したため、一馬は山積みのダンボール箱に囲まれて呆然。一方、早苗はちゃっかりエステでリフレッシュ中。「私の荷物は2階ね」と携帯で伝えると、一方的に電話を切ってしまった。
早苗の傍若無人な性格は母親の田代康子(木内みどり)譲りで、その康子が夫の伸介(田山涼成)とやって来た。早苗は引っ越しそばをふるまうが、急に人数が増えたからと一馬の分だけ明らかに少ない。おまけに早苗からわさびを今すぐ買いに行くよう命じられた。一馬がようやく買って戻ると、すでにみんな食べ終わっている。康子たちがお祝いに持って来たメロンも、早苗は切りにくいからと4等分。娘のまどか(遠藤由実)の分はあっても、味は一緒だと一馬はメロンアイスを食べさせられるハメに・・・。
一馬にとってはこれが平均的な一日。すっかり早苗の言動に慣らされてしまった一馬にはささやかな息抜きがあった。早苗が寝静まると、こっそりブログにその日の出来事をつけるのだ。タイトルは『鬼嫁日記』。
翌朝、一馬は会社の出がけに早苗から「まどかのパンツ買って来て」と頼まれた。しかも忘れないようにと、手に強力油性マジックで大きく“パンツ”と書かれてしまう。
かたや早苗は入会したばかりのスポーツクラブへ。ところが慣れない運動にフラリとへたり込み、年下のインストラクター沢村亮介(小池徹平)に介抱される。亮介はスポーツクラブに通う主婦たちのアイドルのため、中年主婦3人組がその様子を憮然と見ていた。
一馬はデパートのパンツ売り場にいた。どれがいいか分からなくて早苗に連絡すると、写真をメールで送るようにとまたまた勝手な注文。一馬が仕方なくパンツを並べて撮影していると不審者に間違えられ警備員に連行されてしまった。
早苗は一馬に相談なく何でも決めてしまう。今夜もイタリアン・レストランに出かけたいと「7時帰宅厳守!」といった一方的なメールを一馬に送りつけた。一馬は急いで駆けつけたが、早苗が予約していなかったので長い列の最後尾に並ぶハメになってしまった。だが、早苗とまどかは向かいのカフェでのんびりしている。一馬に声をかけてきた、隣に住む大沢冴子(滝沢沙織)と夫の健児(永井大)は予約していたためさっさと店内へ。もう一組、一馬に声をかけてきたのはやはりご近所に暮らすエリート弁護士、村井達也(東幹久)と妻のあゆみ(井上和香)。昨夜、一馬はわさびを探していた時、コンビニの最後の1個をあゆみに譲ったいきさつがあった。両夫婦は親しげに挨拶しているが、一馬たちの順番は回ってこない。結局、早苗が空腹に耐え切れず、近くの屋台ラーメンで済ますことになった。
翌朝、早苗はご機嫌ななめ。仕方なく一馬が、今夜は好きな物を食べればいいと甘い顔を見せたら、特上牛肉で焼き肉パーティーをする、と笑顔になった。そして早苗は一馬の財布から少しずつ抜いて貯めていたと、1万札の入った封筒を差し出した。さらに予算内で最高の配分に計算した、肉の種類とグラム数のメモを一馬の会社のファックスに送りつけ、自分は夜のためにスポーツクラブで汗を流した。とにかく希望通りの高級肉を買って帰らないと早苗が怒りを爆発させるのは間違いない。会社を出た一馬は一目散で指定された高級肉屋へ向かった。確かにおいしそうな肉が並んでいる。ところがポケットに手を入れた一馬は青ざめた。早苗から受け取った肉代の封筒を無くしていたのだ・・・。

すべて表示