閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

#8 運命の再会

時間:46分

配信期間:2012年05月14日 18時00分 ~

視聴期限:購入から8日

瑞穂(仲間由紀恵)と耕輔(オダギリジョー)に追い詰められた警察ショップの店員・芥川(内浦純一)は、耕輔たちに向け銃を発射した。瑞穂をかばおうとした耕輔は、肩を撃ち抜かれ階段を転がり落ちて意識を失った。芥川はそのまま逃走した。
緊張が充満する県警本部で、回復した加奈子(京野ことみ)は、「今度のことで、やりたいことは今やらなきゃ、後回しは後悔するって実感した」と瑞穂に語る。瑞穂はその言葉が堪える。
瑞穂が、「古井戸を覗き込む女」を売っていた古美術店の前を通り掛ると、その絵がまだ飾ってあった。店長の山城(宇梶剛士)によると、その絵を描いた作家の知人・房子(大塚良重)が瑞穂へ渡すよう指示したのだ。瑞穂が「描いたのは父かも」と山城に言うと、山城は、「古井戸」のモデルが写った写真も寄越した。瑞穂はその足で、孤児の自分が育った教会へ向かった。シスター(銀粉蝶)は、その写真を見て「三浦茜さん・・・。教会の信者です」と知っている様子。瑞穂は「私の母では」と問い質す・・・。
一方、西島を撃った銃は、芥川の改造銃ではなく、別の銃から発砲されたものだと分かった。拳銃を加奈子から奪って逃走している真寿美(石橋けい)が撃ったと推理された。その時、真寿美の目撃証言が入り、居住地区の捜査が始まった。
西地区捜査を命じられた箕田(佐野史郎)と瑞穂だったが、箕田は「潜伏するなら東だ」と強引に東地区に車を向ける。箕田と別れて住宅街の捜索にあたった瑞穂。その時、銃声を耳にする・・・!

すべて表示