閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

#6 完全犯罪を狙う犯人の素直な自白・・・

時間:46分

配信期間:2012年05月14日 18時00分 ~

視聴期限:購入から8日

県警の射撃大会で加奈子(京野ことみ)は準優勝を獲得し、瑞穂(仲間由紀恵)や樋口(余貴美子)、七尾(田中律子)らに祝福された。だが、加奈子は射撃の腕前も生かせない今の警務課の仕事が不満で警察を辞めることすら考えていた。
そんな折、管内で殺人事件が発生した。暴力団組員・山根(平井賢治)が殺害され、凶器のナイフがダム建設予定地で発見されたのだ。山根はダム建設にからむ建設会社と繋がりがあり、建設反対派の高校教師・望月(宮本大誠)が重要参考人として浮かんだ。ところが、その一つ一つの事実が内村(海東健)のいる東都日報のスクープで明らかになっていた。
耕輔(オダギリジョー)が所属する捜査一課では東都の連続スクープに業を煮やし、鶴田(益岡徹)、亀田(矢島健一)両班から、情報リーク者を探したが、全く分からなかった。広報課では、今村課長(近藤芳正)が瑞穂に内村のマークを命じた。
そんな朝、加奈子は、一課への移動を命じられた。喜びを胸に一課に向かう加奈子だった。だが、仕事はコピーにお茶くみだった。悄然とする加奈子。
望月は、犯行を自供した。望月は、「再三、山根から嫌がらせを受け、口論になり、護身用の登山ナイフを出したら偶然、山根に刺さった」と言うのである。
記者室では、新顔のローカル紙の記者・マキ(松本莉緒)が内村と親し気に話していた。ブランドに身を固め、華やかな容貌で、記者には見えない。「私、東都みたいな大きなとこに移りたい。そのためなら何でもやります」と意味深に話すマキ。内村は「もう少し君の実力を見てみないとね」とニヤリと笑うのだった。
男子トイレの声が筒抜けの女子トイレで瑞穂や加奈子がおしゃべりしているとマキが入ってきた。マキが珍しい香りの香水をつけている。「個人調合の自分だけの香り」だと言う。ふと思い立ち、瑞穂はマキに内村との仲を取り持つように頼んだ。トイレから出ると、耕輔・尾崎(品川祐)と出くわした。早速、甘えた口調で食事の誘いをしたり、耕輔の襟の乱れを直すマキの姿が、瑞穂は気になって仕方ない。
その夜、こぎれいなカフェに瑞穂、内村、マキが座った。瑞穂の目的は、ずばり、内村の行動をマークするため。マキは気を利かしてか中座した。瑞穂と内村は、バーに場所を移し、午前2時過ぎまで一緒に過ごすのだった。
望月の車のタイヤから凶器発見現場と同じ土が見つかった。ところが、翌朝の東都の朝刊に、またその事実がスクープされているではないか。内村は締切時間まで瑞穂と一緒だったので送稿出来ない。一体誰が記事を書いているのか・・・。
瑞穂が、広報課で考え込んでいると、マキがやって来た。「瑞穂さんは本音隠して生きて疲れない? 欲しいものはどんなことがあっても手に入れるべきよ」と見透かしたようなことを言い、去って行く。
勾留期限の朝、望月が犯行を否定した。鶴田が言う。「勾留前に東都日報がこれだけ事実を書き立てた。望月は自供の内容は新聞から得た話で、犯人だけが知り得る事実ではない、自白強要だと突っぱねる気だ」。送検は諦めざるを得ず、望月は釈放された。だが、なんとその日の東都の夕刊に「望月釈放」の特ダネが踊っている。そして、加奈子に疑いの目が向けられる・・・。

すべて表示