閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

#5 封印したはずの昔の顔

時間:46分

配信期間:2012年05月14日 18時00分 ~

視聴期限:購入から8日

資産家ばかりを狙った強盗事件が続いていた。耕輔(オダギリジョー)たちの緊張はピークに達していた。そんなころ、瑞穂(仲間由紀恵)は広報誌の特集のため南横浜署の梶間刑事(石橋蓮司)を取材することになった。梶間は県下ナンバー1の検挙数を誇っているのに、所轄を動かない名物刑事だった。だが、梶間は、チンピラから小遣いを巻き上げるような悪辣な刑事で、どうも敏腕の額面だけでは測れなさそうだ。内村(海東健)も、梶間の黒い癒着など影の部分を追っているのだと言う。
一方、連続強盗捜査で、耕輔は加奈子(京野ことみ)と、尾崎(品川祐)は相田(黒坂真美)とカップルを装い、深夜の高級住宅街で不審なワゴン車を発見し、張り込みを始めた。
そのころ、瑞穂は焼肉屋で、「あなたは最低の刑事です。癒着できなくなるから本部に上がらないんですね!」と梶間を問い詰めていた。梶間は「相手は、モノじゃなく、情念を持った人間なんだ」とピシャリと瑞穂の反論を断った。
ワゴン車が動き出し、耕輔たちは尾行を始めた。一人、しばらく進むとまた一人とワゴンの中から男が降り立つ。二人目の男は偶然、梶間と瑞穂の近くでワゴンを後にした。梶間の携帯に指令が入り、二人はカップルを装って男の尾行を開始した。
梶間と瑞穂は二股の道で男を見失った。二人は別々の道に分かれて追う。瑞穂は、反対側で人の争う声を聞いた。その方向へ向かうと、腹を刺されて倒れている梶間が・・・。その前で仁王立ちになっている男が言う。
「青い鳥は、お前の自己満足のためにあるんじゃない!」
男は瑞穂を見て走り去ったが、梶間は意識を失っていた。
瑞穂も出席し捜査会議が開かれた。ワゴンの3人組はやはり現場付近で同様手口の押し込み強盗を働いていた。その中で、梶間を刺した男は、梶間と何らかの接点あるという結論に達し、瑞穂がその男の似顔絵を描くことになった。
鶴田(益岡徹)は梶間のからんだ過去の事件を耕輔たちに示した。それは「三友銀行員刺殺事件」である。12年前、三友銀行融資課長が刺殺された。梶間は容疑者の工場主・栗山信吾(持田篤)を調べていたが、栗山はアリバイとして河合代議士(森富士夫)の事務所に選挙の裏金を取り立てに行っていたという。が、河合はそれを一切否定。栗山は逮捕の前日、自殺したのだった・・。

すべて表示