閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

#4 死刑囚の証言

時間:46分

配信期間:2012年05月14日 18時00分 ~

視聴期限:購入から8日

OLが絞殺体で発見された。被害者の体中にマジックで「性悪」「バケモノ」と書きなぐるという異常な犯罪である。そして、電話線は切られているのに、被害者の携帯電話は何故か残されていた。本間一課長(升毅)が「18年前にも、同じ手口の事件があった」と言う。興味を持つ耕輔(オダギリジョー)。鶴田(益岡徹)は「迷宮入りだった」と無念がる。
翌朝、内村(海東健)や臼井(渡辺憲吉)ら記者が「美人OL殺人」と色めきたつ。「不謹慎」と怒る瑞穂(仲間由紀恵)が、捜査一課行き命じられた。瑞穂が呼ばれた理由は、一課にかかってくる情報や苦情電話の対応のためだった。加奈子(京野ことみ)や七尾(田中律子)も動員されていた。一方、聞き込みに行った耕輔は、つんとくる酸っぱい臭いをさせる女らしい人影を見たと言う目撃証言を得た。
翌日、耕輔は18年前の事件を調べていた。横に来た佐藤刑事(河原さぶ)が「担当は俺だった」と言う。そこへ尾崎(品川祐)が飛び込んできた。「犯人を知っていると言う人が現れました」。それは死刑囚の柳邦彦(六平直政)だった。
瑞穂は耕輔に呼び出され柳がいる拘置所へ向かった。柳の供述をもとに似顔絵を作成するのだ。眼光鋭い柳は「若い女だ。右のこめかみに傷がある・・・」と話し始めた。出来上がった似顔絵を見て柳は興奮した。「この女だ」。耕輔は柳に問うた。「なぜ証言する気になったのか?」。柳は「一つくらいいいことをしようと思っただけだ」と言うのみだった。
捜査一課に鶴田が入ってきた。「被害者は1カ月前、暴行事件で被害届けを出している。相手はこの女だ」と写真を見せる。刑事たちは絶句した。まさにその写真の女・飯田あゆみ(赤坂七恵)は瑞穂が描いた似顔絵そのものだったのだ・・・。

すべて表示