閉じる

FOD

お義母さんといっしょ

#10 母と娘

時間:46分

配信期間:2012年05月14日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

たま代(水野美紀)が荒巻家を出て行き、俊介(海東健)、健介(小栗旬)そして、よし江(水前寺清子)も上の空で、全員、調子がまるで出ない。「たま代」という言葉を言ったら罰金と皆で決めたものの、「たま代がいたら」の連発である。
荒巻家には、加奈子(さとう珠緒)が助っ人でやって来た。それでも、皆どうしてもたま代が気に掛かる。そんな時、電話が鳴った。飛び付くように受話器を取るが、セールスの電話ばかり。数回目に、とうとうよし江が「うるさい!」と怒鳴ると、なんとそれがたま代からの電話であった。「電話してあげたのに何よ」とたま代。「なにがあげたよ。寂しいんでしょう?」と、よし江も切り返す。互いに明るく振る舞うが電話を切ると、二人の表情は曇るのであった。
ひとり暮らしを始めて数日後、たま代の部屋に純子(高橋ひとみ)と真由(宮本真希)が遊びにきていた。純子は、余りにも家具の少ない部屋に、たま代が何か隠していると見抜く。その時、真由がたま代の母子手帳を見つけた。妊娠が知られたたま代は、純子と真由に口外しないように頼む。二人は「絶対言わない」と約束する。
ところが、純子・真由は、すぐ荒巻家へ直行。純子はペラペラとたま代の妊娠を喋りまくる始末。それを聞いた俊介・健介・渡(宇津井健)は「すぐに迎えに行こう」と慌てるが、よし江は「ほっときな」と、悲しげに皆を諌めるのだった。不思議がる渡の問いかけに「本人の口から聞いて、一緒に喜びたかった。どうしていいか分からないよ」と語るよし江だった。また、岡島に、そんなことなら荒巻家に帰ればと、勧められたたま代も、つい、「あなたには関係ない」と声を荒げるのだった。
一方、健介は仲間にそそのかされ、街で少女をナンパした。ラブホテルで先に風呂に入って出てみると、少女の姿はなく、財布は空っぽ。健介は、行き場もなくたま代の部屋に転がり込む。ところが、たま代は「何やってるの!」と激怒。たま代は健介を連れて、とうとう荒巻家へ向かった。
もちろん、健介はよし江にひっぱたかれる。「皆、心配掛けないでよ」とたま代。と健介は、「一つだけ言っていい?」と口を開く。「たま代姉さんだって心配掛けてるよ、子供のこと」。たま代は、初めて皆が、自分の妊娠を知っていることを知る。 「生活設計が出来てから報告しようと思っていて・・・」と言い訳するたま代。だが、俊介が口を開く。「岡島さんから聞いたよ。俺と加奈子のこと気にしたんだろう。邪魔になると思って」。皆が「帰って来て」と声を上げる。しかし、たま代は「私は大丈夫よ。心配しないでよ」と強がる。すると、ついによし江が言った。「いつもそうやってあなたは壁を作るんだ」。怒り、立ち上がるよし江。それを追おうとしたたま代は、倒れてしまう。病院に運ぶと、医師は「妊娠中毒症。このままだと母体が危ない」と告げるのだった・・・。

すべて表示