閉じる

FOD

競馬予想TV!FODプレミアムでの配信開始とそれに伴うコース終了のお知らせ
アニメ見放題コース終了のお知らせ

恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?

#2 2012年3月30日放送 『ぬるま湯でシワシワ』

時間:54分

配信期間:2012年03月31日 00時00分 ~ 2020年03月16日 23時59分

視聴期限:購入から8日

青子(佐々木希)は、今日は『脇の日』だと気付き除毛しようとしていると、携帯に姥貝智春(渡部豪太)からメールが届く。姥貝からのメールはハッピーバースデーの着メロ付きの2週間遅れのバースデーメールだった。
そもそも思い返せば、1ヶ月前、秋田のカフェのウェイティングバーで、予備校の後輩であった姥貝を偶然見かけたのがきっかけだった。姥貝は、昼は画塾や画廊でアルバイトをし、夜はバーテンダーとして働いているようだった。今度、東京で飲もうとアドレス交換したのがきっかけでバースデーメールが届いたわけだが、青子は、偶然が生み出した運命の出会いかもしれないと思いはじめていた。
その夜、青子は日本酒のパックを飲みながら姥貝にメールを送信すると、即レスで返信が届く。すると、青子の背後からメールを覗き込むメリー。メリーは青子に、「姥貝は青子に気があるのでは?」と彼をデートに誘うように促す。純兵の事を思い出す青子だったが、メリーに頭突きをされ、「彼女がいる男なんて忘れるメ・・・」と言われ、姥貝を食事に誘うことにした。
翌朝、職場で青子はコピーを取ろうとすると、トナー交換のボタンが点滅しコピー機が止まってしまう。青子が新しいトナーを探していると天津(えなりかずき)が、一緒に探してくれることに。すると、西原(高岡早紀)が近づいてきて、トナーのある場所を教えてくれる。西原は「なんなら私が替えるわよ」と言うが、天津は「トナー交換を綺麗な方にお願いしようかなと」つい口を滑らしてしまい西原を怒らせてしまう。このことが原因で天津は謹慎処分をくらった末に解雇されてしまう。
青子は一週間メールの文章を推敲し、ようやく姥貝をデートに誘うことに成功する。2人はタイ料理屋に入るが、姥貝は全然ご飯を食べない。どうやらこういう変わった料理が苦手のようだった。
その後も何回かデートを重ねるが姥貝は何もしてこない。姥貝の考えていることがからっきし分からない青子がある時、テレビ番組を見ていると、石田純一が「カクテルは恋を演出する魔法のドリンク」と言っている。真に受けた青子は意を決し、「姥貝君が作ったカクテルが飲みたい」とメールをする。しかし姥貝が働いているバーは貸切りらしく、青子の家で飲むことに。青子はトイレや風呂を掃除し、下着選びに真剣に悩むが、結局この日も何もなかった。
やがて新年になり、青子から姥貝を初詣に誘う。姥貝は、青子に手をつなぐか尋ねるが、青子はタイミングを逃してしまい後悔する。そんな時、向かいから純兵(石田卓也)がやってきたのであった。

すべて表示