閉じる

FOD

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

#2 涙の別れ後

時間:46分

配信期間:2012年04月02日 21時00分 ~ 2020年03月31日 23時59分

視聴期限:購入から8日

1989年。中川雅也(速水もこみち)は、母の栄子(倍賞美津子)のもとを離れて東京に上京。栄子の仕送りに支えられながら、オンボロアパートを拠点とした美大生生活が始まった。授業初日、早速、鳴沢一(平岡祐太)らと知り合った雅也は、東京のファッションに身を包み、絵のレベルの高い学友たちに驚く。また、雅也はどう見ても裕福ではなさそうな同じアパートに住む住人、手塚修一郎(石黒賢)、レオ・リー(チェン・ボーリン)、徳本寛人(高岡蒼甫)とも知り合う。大学生活になじめない雅也は、徐々に彼らと行動を取ることが多くなっていく。
翌年、後輩の山田耕平(柄本佑)が上京し、雅也の部屋に転がり込んだ。しかし、散らかり放題の部屋で手塚たちとマージャンをする雅也に、耕平は顔をしかめる。どうやら、大学にも通っていないらしい雅也。そんな雅也が大学から呼び出された。
久しぶりにキャンパスに行った雅也は、鳴沢や佐々木まなみ(香椎由宇)らに会う。彼らは企画展を開くと言う。雅也も誘われるが・・・。教授室に行くと、留年を示唆される雅也。帰り道、雅也は繁華街でもらったティッシュに書かれた儲け話に飛びつく。
アパートに帰ると、レオらに小豆の先物に仕送り金をつぎ込んだと自慢する雅也。心配する耕平に、雅也は大学を辞めると宣言。そんな時、アパートの大家が、栄子が事故に遭ったと電話が入ったと飛び込んできて・・・。

すべて表示