閉じる

FOD

ワールドカップバレー

役者魂!

#10 母親は二人いらない

時間:46分

配信期間:2012年04月02日 21時00分 ~

視聴期限:購入から8日

烏山瞳美(松たか子)は、本能寺海造(藤田まこと)、福田桜子(川島海荷)、福田忠太(吉川史樹)と一緒に、福田まり子(戸田菜穂)が待つ夜の遊園地へとやってくる。
早速、まり子を見つけた忠太は、母親の元へ駆け寄るが、桜子は瞳美の手を握ったままその場を動こうとしない。本能寺はまり子に怒りをあらわにし、忠太に自分のところへ戻るように言うが、忠太は母親の側を離れない。そこで瞳美は、まり子に今日はもう遅いので、明日本能寺家へ来てくれと提案、4人は家へ帰ることに。
その翌日、本能寺家には、まり子とまり子の兄・福田和明(山崎清介)がやってくる。まり子を制して、これまでの経緯を話し始める和明によると、まり子は愛する男性とアメリカに渡ったあとも、ずっと子供たちと暮らせるよう努力をしていたという。勝手な妹だが、気持ちをわかってやってほしいと、頭を下げる和明。これを聞いた本能寺は、まり子の気持ちはわかるが、一度、引き取った以上は、子供たちは自分が育てると言い、ふたりを帰らせてしまう。
瞳美は本能寺と稽古場へ向かうが、本能寺に、子供たちが不安がるから家に戻るようにと言われる。瞳美が帰ってくると、家の前に和明とまり子が。子供たちに会いたいというまり子に瞳美は、もうすぐ子供たちが帰ってくるからと、ふたりを家に招く。居間で和明と話していた瞳美は、まり子の生い立ちついての意外な事実を聞かされる。

すべて表示