閉じる

FOD

ワールドカップバレー

役者魂!

#9 生放送!電撃発表と母の逆襲

時間:46分

配信期間:2012年04月02日 21時00分 ~

視聴期限:購入から8日

少し前から母親と携帯電話のメール交換をしている福田桜子(川島海荷)は、母親が帰国したことを烏山瞳美(松たか子)に言い出せないでいた。それを知らない瞳美は、家族の笑顔に囲まれて、幸せな日々を送っている。
一方、相川護(森山未來)と結婚したい梓里奈(加藤ローサ)は、周囲の理解を得られず、不満だった。そんな折、瞳美と里奈のマネージャー・斉藤和子(濱田マリ)は社長の柳沢光春(香川照之)に呼び出され、護と里奈の結婚を阻止するように言われる。しかし、里奈は、結婚するんだから周囲に知られても構わない、と開き直ったように言う。
演劇班所では、本能寺海造(藤田まこと)を中心に「リア王」の舞台稽古が進んでいる。その様子を見ている瞳美に、護は「リア王」の宣伝のためテレビの生放送を入れたと告げる。
生放送当日、事務所では「リア王」の衣装合わせが行われ、慌しい雰囲気に。そんな中、生放送だと知った里奈は、「電撃発表ができちゃうわけね」と意味深発言をするのだった。
その頃、桜子は福田忠太(吉川史樹)に、母親が日本に帰ってきていることを話すと、忠太は母親に会いたがる。桜子は、瞳美たちに内緒で母親と会う約束をしていた遊園地に忠太を連れていくが、母親との再会に踏ん切りがつかない桜子は、忠太の手を引っ張り遊園地を後にする。一方、瞳美は、夜になっても戻らない子供たちを心配して、子供の友人たちに電話をするが行方が知れない。そのとき、電話が鳴った。瞳美が出ると、それは警察からだった・・・。

すべて表示